倦怠期の二人

倦怠期(けんたいき)

今回解説する言葉は「倦怠期」です。多くの人が悩んだ経験があるのではないでしょうか。今回はそんな倦怠期の意味や使い方を解説していきます。

[adstext]
[ads]

倦怠期の意味とは

倦怠期とは、パートナーに対して慣れや飽きにより、相手のことを嫌に感じてしまう時期のことです。
交際を始めて3か月くらいに初めての倦怠期が来るといわれています。5年くらいまでは定期的にこの倦怠期は来るそうです。
もちろん人によって差はありますので、必ずくるというものではありませんし、5年を超えても倦怠期が訪れることもあります。
倦怠期は、一般的に夫婦や交際している男女など恋愛感情での交際がある関係で生まれるものです。
友達同士の友情関係での交際の場合に使われることもありますが稀なパターンです。

倦怠期の由来

倦怠という言葉は、
嫌になって怠ることや、あきあきする、だるいということを意味しています。
パートナーに対してお互いに「倦怠」を感じる「時期」ということで倦怠期という言葉になります。

倦怠期の文章・例文

例文1.倦怠期を乗り越えると絆が強くなる
例文2.最近倦怠期で気まずいし、楽しくない
例文3.倦怠期はほとんどのカップルが悩む問題だ
例文4.倦怠期の乗り越え方はそれぞれだ
例文5.倦怠期に別れてしまうことが多い
倦怠期を乗り越える方法を、心理学などから解説している書籍も多くあります。気になる人は検索してみてください。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

倦怠期の会話例

  • 質問者アイコン

    最近彼とどうなの?仲良くやってる?

  • 回答者アイコン

    んーどうだろう。。。最近あんまり会話してないんだよねー。

  • 質問者アイコン

    えー!!あんなに仲良さそうだったのに。どうしたの??

  • 回答者アイコン

    何だろう。最近彼の嫌なところばっかり目についちゃって。倦怠期なのかな。。。

倦怠期になると、相手の良いところより嫌なところが多く見えるようになり、何もかも嫌に思えるようになるそうです。付き合いたてのパートナーには互いに、ある種幻想を抱いてますから現実が見えてくるのが原因といわれています。なので、倦怠期を乗り越えると絆が深まるといわれているんですね。

倦怠期の類義語

倦怠期の類義語としては、「倦怠感」「マンネリ化」などがあげられます。

倦怠期まとめ

今回は倦怠期について解説しました。倦怠期はほとんどの人に訪れるもので、一人の問題ではありません。パートナー二人の問題です。倦怠期を感じたら感情的にならず、しっかり話し合ってお互いに気持ちを伝えあうことが大切です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事