鳥の様に俯瞰で上から街を眺める

俯瞰(ふかん)

俯瞰は高い場所から見下ろすことを意味しており、「俯瞰的にに見る」「俯瞰する」という様な使われ方をするのが一般的です。
日常生活やビジネスシーンにおいても頻度が高く使われていますので、しっかり覚えておきたい言葉です。今回は俯瞰の意味や由来、類義語をわかりやすく解説していきます。

[adstext]
[ads]

俯瞰の意味とは

俯瞰の意味は、高い所から見下ろすこと、見渡すことを指しています。また物理的に高い所から見下ろすこと見渡すことのほかに、考え方として使われるケースが多く、広い視野で物事を判断する、大局に立った考え方をするといったケース使われることが多くなります。物理的な意味と考え方の意味とでそれぞれ使われています。特にビジネスシーンでは俯瞰は使われる事も多いので、正しく理解をしておきましょう。

俯瞰の由来

俯瞰の由来は、元々「俯」という字には俯くあるいは下を向くという意味を持っています。「瞰」という字は高い所から眺めるあるいは見下ろすという意味になります。これらを合わせると高い所から下を向いている様子で俯瞰という言葉が出来上がります。

俯瞰の文章・例文

例文1.あの時の言動を俯瞰で見てみると、若さゆえの過ちと言える。
例文2.俯瞰で見て、大局的な視点でビジネス展開をしていくべきだ。
例文3.俯瞰して状況を正しく判断する事が勝利への第一歩だ。
例文4.東京タワーの展望台から俯瞰して街を眺めると、自分の未熟さを痛感する。
例文5.俯瞰という言葉と客観的という言葉は非常に類似した言葉と言える。
物理的な高さから見下ろす事、考え方としての俯瞰をそれぞれ取り上げた例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

俯瞰の会話例

  • 質問者アイコン

    なかなか自分ごとになると、主観的な判断になってしまうんだよね。

  • 回答者アイコン

    そうだね、自分だと客観的な視点が欠けて、主観的になりがちよね。

  • 質問者アイコン

    本当は俯瞰で自分を見つめて、大局から物事を判断しないといけないんだけどね。

  • 回答者アイコン

    俯瞰で自分を見つめる事は本当に難しいのは私も同意。人間自分に都合の良い方に考えがちだからね。

俯瞰で自分自身や物事を判断する事の難しさを表した会話文となっています。

俯瞰の類義語

俯瞰の類義語としては、「客観的」「大局的」「包括的」「マクロの視点」「鳥瞰」があげられます。

俯瞰まとめ

俯瞰をする事は時として自分を見つめなおす事にも繋がります、大局的にマクロの視点で物事を見る際もやはり大事なのは原点に立ちかえる事になります。物事が進んだり、自身に変化があると、どうしても原点を忘れてしまいがちですから、そういった意味でも俯瞰は生活および人生においても重要と言えるでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事