便宜的に席を用意して仕事をする

便宜的(べんぎてき)

便宜的という言葉を聞くと便宜的な処置や便宜的手段というような言葉をよく聞きますがいったいどう言った意味なのでしょうか。とても便利な言葉ですし、これから社会に出る大学生や若いビジネスマンの方も仕事で使うケースも多いので、この機会に覚えておくといいのではないでしょうか。

[adstext]
[ads]

便宜的の意味とは

便宜的とは、物事をとりあえず処理する事です。根本的な解決は置いておいてまずその場しのぎの処置をとっていくということなのです。とにかく何かに対して早くレスポンスをしなくてはいけない、時や何か問題が起きた際、会社の中でも使う機会が多い事でしょう。若者などはこうした何かに対して様子をみたいときや何か急いでレスポンスする際には「とりあえず」と使うことが多いと思いますが、会社の会議など硬い場ではなかなかこのような言葉は使いずらかったりするのでこのような言葉は非常に重要と言えます。

便宜的の由来

便宜的の由来は、都合がいいという意味合いが含まれる「便」と、都合が良い、支障がないなどの意味合いを持つ「宜」が組み合わさり便宜的の由来になりました。

便宜的の文章・例文

例文1.社内での問題について便宜的な問題解決を行う。
例文2.便宜的に処置するのであればとにかくスピード勝負だ。
例文3.クライアントを待たせて怒らせるくらいなら便宜的な処置を最初に取るべきだ。
例文4.便宜的な対応をすればお客さんもそこまで激情する事もなかっただろう。
例文5.便宜的な処置にしては良い案だったと思う。
このように問題が大きくなる前に対処することは大事なことだということが分かりますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

便宜的の会話例

  • 質問者アイコン

    この前の災害ではたくさんの民家が倒壊してしまったらしいよ。だから便宜的な処置として学校の体育館を寝床に使ったんだって。

  • 回答者アイコン

    それはほんとに大変だよね。家が倒壊するほどの災害だとインフラも止まっちゃうもんね。

  • 質問者アイコン

    そうだね、特に災害時は街に土などからまった菌が蔓延してたりするから衛生的にあまりよくないからね、インフラが止まるととても困るよね。

  • 回答者アイコン

    インフラが個々の世帯で独立する未来が早く出来上がれば良いんだよね。

災害時にはあらゆる面でとりあえずの状態が多くなるので災害は大変なのですね。

便宜的の類義語

便宜的の類義語には、「暫定的」「その場しのぎ」「取り敢えず」などがあります。

便宜的まとめ

便宜的という言葉の「便宜」という部分は、いろいろな応用で使うことができ「便宜供与」「便宜を与える」「便宜主義」「便宜上」などと使うことが可能です。この「便宜」を覚えておけばいろいろな場面で対応できそうですね。会社員の方など社会人の方はどうしてもこう言った言葉のレパートいーが必要だと思うので是非覚えてみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事