価格優先の原則

証券会社に勤めるビジネスマンなら、日常会話のひとつとしてよくのぼるのが、価格優先の原則です。これから株の取引をおこなう予定のある方にとっては、価格優先の原則の内容がよく分からない方もいるかもしれません。どのようなシーンで使うのか、その内容についてもチェックしていきましょう。

価格優先の原則の意味とは

価格優先の原則とは株式の取引において、一定のルールが適用される決まりのことを指します。具体的には株を売るときには一番安い価格が適用され、株を買うときには一番高い価格が適用される…というルールになります。このような決まりを作っておくことで、証券取引所のスタッフは迷うことなく株式の売買を進めることができます。

価格優先の原則の由来

株を買った・売った経験のある方ならよく分かるかと思いますが、株式市場の値動きは1分1秒単位で変化していきます。新幹線並みに速いスピードで大量の株式の売買をおこなうためには、一定のルールが必要になります。証券会社の取引の上で、自然発生的に生まれたのが価格優先の原則です。このような認識があるからこそ、安定した市場運営をおこなうことができます。

価格優先の原則の文章・例文

例文1.ザラ場で値動きの鍵を握るのが、価格優先の原則だ
例文2.初めて株式投資にチャレンジするなら、価格優先の原則をマスターすることが大切だ
例文3.価格優先の原則の概念を理解していなかったがために、彼は株で大損をしてしまった
例文4.価格優先の原則と同じく市場で重視されるのが、成行注文優先の原則だ
例文5.同一銘柄の売買には、価格優先の原則が最重視される
シンプルに思える株式の売買ですが、価格優先の原則や時間優先の原則など暗黙のルールも存在します。安定した株式投資をおこなうためには、これらの基礎知識を学んでおくことが大切です。

価格優先の原則の類義語

価格優先の原則の類義語には、プライス重視の取引があります。似たような証券業界のワードとして、時間優先の原則・約定などがあります。

価格優先の原則まとめ

価格優先の原則では買い注文のときと、売り注文のときで優先すべき事柄が異なってきます。同一銘柄の発注が同じタイミングであったとき、売り注文の際には安い価格が、買い注文の際には高い価格が適用されます。取引には成行注文優先の原則が考慮されることもあります。証券取引所では膨大な数の取引をスムーズにやり取りするために、こうしたルールを適用しながらスムーズな運営をおこなっています。

この記事を読んでいる人に人気の記事