余暇ファースト

最近言われるようになった言葉がこの余暇ファーストです。同じような使われ方では「自分ファースト」という言葉もあります。
年配の方にはあまり馴染みがない言葉かもしれませんし、どちらかと言うと若い年代の人たちを揶揄するような使われて方をしている言葉です。余暇ファーストについて説明をしていきます

余暇ファーストの意味とは

余暇ファーストの意味は仕事において休みを重視するという考え方の事です。ただ時代ごとに若者の考え方というのは変化をしていきます。「やりがい」や「お金」もまた同じです。ただ管理職や40代以降の人から見ると相違する価値観や変遷する時代の流れを受け入れる事が出来ずに揶揄するような言い方となっています。
この背景には昔の様な年功序列のシステムが崩壊しつつある事もあり、長年勤める事で給与が上がっていく事が見込まれた時代ではなくなった事も考えられます。ある意味では高い給与が望めないのであれば、休暇や余暇はしっかりと確保したいという考え方は理には適っているでしょう。
またワークライフバランスが叫ばれて久しい事もあり、働き方を考えるという事も若年層の中で広まっている事も間違いないでしょう。

余暇ファーストの由来

余暇ファーストは自分ファーストという言葉の派生で使われ始めている様です。

余暇ファーストの文章・例文

例文1.休みを欲しいと言うと、余暇ファーストと揶揄される
例文2.余暇ファーストで仕事とプライベートを明確にする
例文3.管理職の人は余暇ファーストを良く思っていない節がある
例文4.ワークライフバランスもあり、余暇ファーストの考え方も理解できる
例文5.余暇ファーストによって、休みを有効に使いたいものだ
しかしながら、こういった考え方の人もいるでしょうが、ひとまとめに「今の若い人は…」という言葉で括ってしまうのはどうなのかという気もします。時代によって考え方や働き方も変化するので、そういった所に自分を合わせていく事も重要でしょう。

余暇ファーストの類義語

余暇ファーストの類義語としては「自分ファースト」や「ワークライフバランス」「働き方改革」などが挙げられるでしょう。

余暇ファーストまとめ

こういった揶揄する言葉が出てくると決まって世代の話になりがちです、「ゆとり世代は…」「さとり世代は…」となりますが、この余暇ファーストについても一部の人たちが悪意を持って使っている節があります。
世代間のギャップはいつの時代もあるものですから、お互い歩み寄って、理解を深める事で生産性が最大化される働き方を探していきたいですね

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事