仮面退社

ネットやテレビ・新聞からあふれ出るように流れ続ける、新たなコトバ。洪水のようにわき上がる新しい言葉に対して「ついていけない」と諦めている方もいるのではないでしょうか。新しい言葉をきちんと受け入れ知識として蓄えていくことも、情報化社会を正しく生きぬくためのポイントです。今回は説明できそうでできない「仮面退社」について見ていきましょう。

仮面退社の意味とは

アイドルグループの曲のタイトルになりそうな仮面退社。仮面退社とは職場を退社したい女性が、もっともらしい言い分を付けて、会社を自主的に辞めることを示しています。もっともらしい言い分を具体的に見ていくと、結婚・出産・介護・子育てなどがあげられます。女性のライフスタイルの変化を建前として、さらに雇用条件の良いところに転職していく女性の活動をあらわした現代らしい言葉となっています。

仮面退社の由来

仮面退社という言葉が表に現れだしたのは、2017年や2018年などつい最近のことです。数十年前であれば女性が家庭のために職場を辞する…という行為は「寿退社」という言葉が使われていました。けれども働き方改革や人口減少・晩婚化の流れを受けて、結婚だけでは仕事を辞めない女性が増えてきています。
待遇の悪い企業で働いているとき、立場の弱さから会社に辞表を提出することを、思わずためらってしまう女性は多いそうです。ブラック企業から身を守るための術として生まれたのが、仮面退社。出産や結婚・介護などを引き合いに出すことで、円満退社を導くことができる…現代の企業構造の中からなすべくして生まれたのが仮面退社なのです。

仮面退社の文章・例文

例文1.女性の仮面退社を食い止めることが、これからの企業作りにおいて大切だ
例文2.相次いで同僚が仮面退社をおこない、部内はしんとした空気に包まれた
例文3.仮面退社がなぜおこなわれるのか考えることが、最も重要だ
例文4.会社の業績に不安を感じ、先日仮面退社をした
例文5.取引先の担当が急に会社を辞め、仮面退社の噂が流れている
家族の転勤や受験・介護など家庭の理由を表に出して、円満退社をはかる仮面退社。その理由や問題点をスルーせず、正面から向き合うことが今後の日本社会に求められている問題かもしれません。

仮面退社の類義語

仮面退社と同じ意味合いで使われるのが寿退社です。寿退社や永久就職には、女性が結婚を機に会社を辞めて家庭に入る意味合いがあります。ただ仮面退社の場合は表向きは結婚・転勤・介護などの名目が付くものの、真相はヤブの中…というニュアンスの違いがあります。良い意味で使われる言葉ではないため、安易な使用は控えておくのが無難です。

仮面退社まとめ

女性の社会進出が盛んになっている一方で、看過することができないのが仮面退社という言葉です。円満にブラック企業を辞めるための術として生まれた言葉ですが、一方で会社側の「プライベートな理由がないと、安易に退社を認めることができない」というプライドが見え隠れもします。本来であれば仮面という理由を付けなくても、キャリアアップや転職ははかれるもの。多くの人が仮面という言葉にとらわれず自分らしい生き方をチョイスできることが、大切なのではないでしょうか。

この記事を読んでいる人に人気の記事