今生の別れ(こんじょうのわかれ)

今生の別れとは、この世を去り、もう二度と会えなくなってしまうことです。人は生き物で、命は無限ではなく、寿命というものが存在します。そのため、寿命が来たり、病気にかかったりして体調が悪化してしまえば命を落としてしまいます。そんな時に、この世にいる人と別れることになりますが、そのことを今生の別れということがあります。今回は、そんな今生の別れについて意味を交えて説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

今生の別れの意味とは

今生の別れの意味は、この世を去り、もう二度と会えなくなってしまうことです。人がこの世を去り、あの世にいってしまうときに使われることが多いです。

今生の別れの由来

今生の別れの由来は、昔の死者を弔うために水で乾杯する慣習にあると言われています。死者に水を飲ませることは、あの世で渇きに苦しまないようにするためと言われています。そのことから水で乾杯することは今生の別れを指し、今日の意味で使われるようになったと考えることができます。

今生の別れの文章・例文

例文1.これが彼との最後の会話になって、今生の別れとなることをまだ彼女は知らなかった。
例文2.多くの人と今生の別れをして、彼女は辛い思いをしたに違いない。
例文3.戦場に向かう時には、今生の別れを少なからず覚悟している。
例文4.今生の別れになるとわかっていてもその事実を彼に伝えることは出来なかった。
例文5.これから向かう先は、一体何が起こるか分からないので今生の別れを覚悟して進む。
これらから今生の別れという言葉は、この世を去り、もう二度と会えなくなってしまう様子を表すのには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

今生の別れの会話例

  • 質問者アイコン

    君は、僕がこの前におすすめした映画をみたかい。

  • 回答者アイコン

    うん。勿論だとも。とても感動的な内容で思わず号泣してしまったよ。

  • 質問者アイコン

    戦場で今生の別れを告げる彼らのやり取りには僕も涙してしまったよ。

  • 回答者アイコン

    そうだよね。今度続編もやるみたいだし、楽しみだよ。

これは、ある映画の話しをしている様子です。

今生の別れの類義語

今生の別れの類義語には、「死別離」「死別」「愛別離苦」などがあります。

今生の別れまとめ

出会いの数だけ別れというものも存在します。別れというものは、急にくることもあります。だからこそ普段から悔いの残らないように話をしたり、思いを伝えたりできるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事