人心一新(じんしんいっしん)

人心一新とは、人々の心を新しくすることです。

[adstext]
[ads]

人心一新の意味とは

人心一新は、人々の心を新しくすることです。

人心一新の由来

人心一新の「人心」は世の中の人の考えや気持ちを表し、「一新」はその言葉の通り新しくすることを意味します。これらの単語を組み合わせて人心一新という言葉が成り立っています。

人心一新の文章・例文

例文1.今までの考えを改めなければこの先、生きていくことはできないので人心一新して国を一から作り変えるしか他ない。
例文2.人心一新してまだ新しい環境に慣れないが、今後はこの制度でやっていくのは賛成である。
例文3.与党が変わり、世の中の人々は人心一新して新しい気持ちで新政府を迎えた。
例文4.国の首都を移したのは、国民が人心一新するのにはいいきっかけだった。
例文5.人心一新して、新しい州の制度に早くなれる必要がある。
これらから人心一新という言葉は人々の気持ちが新しくなるさま表すのに使われる言葉です。人心一新は多くの人の心が新しくなるさまなので少人数の場合には用いることはありません。使う場面を覚えて使いこなしましょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

人心一新の会話例

  • 質問者アイコン

    今度の選挙次第でどの党が与党となるのかが決まるね。

  • 回答者アイコン

    うん、そうだね。新しい内閣が結成されたら人心一新することになるね。

  • 質問者アイコン

    うん。前の内閣はよい政策を行ってくれたからとても感謝しているよ。

  • 回答者アイコン

    今度の選挙の結果がどうなるのか目が離せないよ。

人心一新というものは、古い体制を新しくするということと結びついて使われることがある言葉です。なぜなら大きな改革や変化は人々の気の持ち様が変化することである場合が多いからです。是非覚えておいてください。

人心一新の類義語

人心一新の類義語には、「改善」「リフォーム」「党員投票」「再構成」「急転」「刷新」などがあります。

人心一新まとめ

年号が平成から令和に変わり、人心一新したことと思います。大きな変化や節目を迎えれば、人心一新するのは当然のことでしょう。変化があればもちろん考え方も変わっていくでしょう。また、年の変わり目などは新しい気持ちで迎える人も多いのではないでしょうか。そんな時には人心一新という言葉はとても便利な言葉なので是非使ってみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事