予防接種しているひと

予防接種(よぼうせっしゅ)

冬の時期になると、インフルエンザの予防接種などをどうするか悩みますよね。昨今の新型コロナウイルスにもし、ワクチンができたとしたら予防接種などで予防することができるのでしょうか。
しかし、予防とついている言葉ですが、ウイルスから守ってくれるワクチンのことを指すのでしょうか。いいえ、予防接種を打ったからといって、ウイルスに感染しないようになるとは言えません。では、予防接種はなぜ行うのでしょう。
その意味について詳しく見てみましょう。

予防接種の意味とは

予防接種の意味とは、あらかじめワクチンを接種することによって、ウイルスや細菌に対する免疫を作り出すことによって、感染しにくくなることです。感染したとしても、症状が軽いことなどがメリットとしてあげられます。

予防接種の由来

ワクチンには種類があり、生ワクチン、不活化ワクチン、キソイドの三種に始まり、ほかに複合ワクチンなどもあります。種類によって投与方法が異なります。

予防接種の文章・例文

例文1.予防接種によって、インフルエンザにかかっても軽度で済んだ
例文2.この間、予防接種を打ったからか病気の陽性反応がなかなかでなかった
例文3.風疹などの予防接種を事前に打つことによって、死産の可能性が減少する
例文4.予防接種を打ったからといって、感染しないとは限らない
例文5.ワクチンには種類があり、気分が悪くなったりした人は予防接種のときなどに自己申告する
予防接種は、身近にできる最有力なウイルス対策といえるでしょう。

予防接種の会話例

  • 質問者アイコン

    あー、もう冬か。インフルエンザの流行今年早いな。予防接種もしてないんだけど。

  • 回答者アイコン

    私は、早めに打っておいたから今回の流行には間に合ったわ。

  • 質問者アイコン

    でも、早いうちに打っておくと、後半のときに効果がなくなるって言われたことがあるんだよなー。どうしよう。

  • 回答者アイコン

    ワクチンの効果は人それぞれだから、私からは何とも言えないわ。ただ、後半に備えようとして、その間にかかってしまったっていうことは避けてね。

予防接種は、早めに打っていても効果の持続はひとそれぞれです。その年の流行の状況に合わせて予防接種しておきましょう。

予防接種の類義語

予防接種の類義語として、「ワクチン」「感染症」「ウイルス感染」などが挙げられます。

予防接種まとめ

予防接種は、一番効果的なウイルス対策です。しかし、風疹や麻疹といったワクチンがある病気でも、予防接種していない人が大勢いることも確かです。年齢層によって、予防接種をしている世代とそうでない世代とが出ている病気もあります。
ですので、自分自身がなにを予防接種をしていたか、一度確認してみてはいかがでしょう。そしてワクチンがあり、予防接種できるものは今のうちにしておきましょう。
「予防接種とは?-公益社団法人 東京都医師会」
上記に予防接種についての詳細が記載されいてるので、参考までに調べてみるのもよいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事