格差社会の中に乞食飯牛で辛い思いをしている人がいる

乞食飯牛(きっしょくはんぎゅう)

乞食飯牛とは、身分の低いことです。今日であれば、身分の格差などはほとんどなくなり、誰もが平等に人権を持っています。しかし、昔は人によって身分や地位が異なっていてできることに制限があった時代があります。そんな時代があったからこそ乞食飯牛という言葉があります。乞食飯牛について、使い方や使える場面をみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

乞食飯牛の意味とは

乞食飯牛の意味は、身分の低いことです。また、低い身分から出世することも意味します。昔であれば、地位や身分が高い人に気に入られれば、出世できるということもあったそうです。牛の世話をしていた人が口ずさんだ歌が身分の高い人に気に入られてその人は見事出世したということがあったそうでそのことから乞食飯牛は、そういった意味も持つようになったと言われています。

乞食飯牛の由来

乞食飯牛の「乞食」は、他人に食べ物を強請ることで、「飯牛」は、牛の世話をして生計を立てている人のことを指します。今では、牛のお世話している人が身分が低いという考えは全くありませんが、昔はそういった考えがあったそうです。そこから転じて現在の意味で乞食飯牛が使われるようになったと言われています。

乞食飯牛の文章・例文

例文1.いつまで立ってもどんな努力をしても、貧しい暮らしなのは乞食飯牛であるからだ。
例文2.乞食飯牛だった私を拾ってくれたあの人には感謝してもしきれない。
例文3.乞食飯牛であっても、周りの人と協力して生きていく。
例文4.私たち、乞食飯牛は身分の高い人には逆らえない。
例文5.乞食飯牛とバカにされようと今の生活に不満はない。
これらから乞食飯牛という言葉は、位の低い人を表すには適した言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

乞食飯牛の会話例

  • 質問者アイコン

    この前、歴史を勉強したんだけれど身分によって人の扱いがあまりにも違ったから驚いたよ。

  • 回答者アイコン

    歴史を勉強したんだ。昔は、乞食飯牛であると貧しい生活や不自由な生活を強いられてしまうことがあったからね。

  • 質問者アイコン

    身分が違うだけで、できることも少なくて、今日にこの国で生まれることができてよかったよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。生まれたときから身分が決まっているのは僕も嫌かなとは思うよ。

これは、人の身分や地位の違いがあった時代について話している様子です。

乞食飯牛の類義語

乞食飯牛の類義語には、「下賤」「微賤」「下層階級」「雑魚」などがあります。

乞食飯牛まとめ

乞食飯牛の「乞食」という言葉は、こじきという読み方で使われることがあります。みなさんも乞食という言葉を耳にしたことあると思います。今日では、食べ物以外にも、お金やサービスなど恩恵を受けられるものを恵んでもらって物乞いをする人を表すときに使われます。覚えておくと役に立つので知っておくといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事