世襲による襲名儀式

世襲(せしゅう)

「世襲」という言葉は、主に家業を次の世代に次ぐ時に使われており、テレビやニュースなどで見ることがあります。ですが、漢字を見ただけでは「世を襲(おそ)う」と解釈してしまう人もいるのではないでしょうか?そこで、今回は「世襲」について詳しく解説していきます。

[adstext]
[ads]

世襲の意味とは

「世襲」とは、訓読みから来ており「世(よよ)襲(つ)ぐ」という意味があります。「世(よよ)=先祖代々」と解釈することから、地位や家業などを代々継いでいく際に使われる言葉です。

世襲の由来

元来世界各国で家族の地位継承や家業の世代交代は行われており、欧州では「王族」、中国では「皇帝」、日本では「皇族や藩主」などの世代交代がありました。このように世代交代は昔から文化としてあり、漢字の意味から「世襲」と使われるようになりました。
今でも、伝統文化を守っている家では行われております。そのため、歌舞伎や能、落語などそれぞれの伝統文化の世界で聞くのが一般的に知られているのではないでしょうか。現代では、直系の長男のみならず、長女が結婚し、夫が婿養子として家族に入ってきた際にも、世襲として認められるそうです。

世襲の文章・例文

例文1.先日、歌舞伎の世界で○○衛門が襲名したと報道があった。
例文2.襲名した後は、家系の名を汚さないようにしなければならない。
例文3.世襲は、それぞれの家で襲名儀式が執り行われ、文化的にも貴重なものである。
例文4.来月の二十歳の誕生日には世襲の儀式が執り行われる予定である。
例文5.世襲と言っても、家業を継いでいくとはとても大変である。
「世襲」を大事にしている家系には、さまざまな苦労もあるそうです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

世襲の会話例

  • 質問者アイコン

    俺は、長男だから将来は絶対に家業を継がないといけないそうなんだよ。

  • 回答者アイコン

    それは大変だね。やりたい事も出来ないの?

  • 質問者アイコン

    一応、家の仕来りで20歳に世襲するみたいだから、それまでは他の仕事も体験していいと親に言われたんだ。

  • 回答者アイコン

    それなら良かったね。

近年では、後継ぎがいない家庭も多くなっています。

世襲の類義語

「世襲」に関する言葉で、「跡取り」「後継ぎ」「継承」などが挙げられます。

世襲まとめ

「世襲」を聞く機会が最近では少なくなっている傾向にあります。昔は、農業や豪族の家系などは、必ずその家の長男が継いでいくという日本の仕来りがありました。ですが、最近では核家族化し、また、家業として企業する人も少なくなってきているため、世襲の文化が無くなってきています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事