今日は世界禁煙デーだ

世界禁煙デー(せかいきんえんでー)

皆さんは、喫煙がどれだけ健康に対して有害であるかを考えたことがあるでしょうか?喫煙者はもちろんですが、非喫煙者出会っても近くに喫煙者がいれば多少なり被害を被っています。そうした喫煙による健康被害を少しでも減らすために、5月31日は世界禁煙デーということで定められています。この世界禁煙デーとはどういうもので、いつごろからあるかなど解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

世界禁煙デーの意味

世界禁煙デーとは、WHO(世界保健機関)がタバコを吸わないことが一般的な社会になるように制定した日になります。また、5月31日から1週間は禁煙週間と定められています。日本においては、厚生労働省がこれを管轄しており、毎年厚生労働省のサイトでは世界禁煙デーに関しての要項を発表しています。毎年、その年々でのテーマが掲げられており、2019年は「Tobacco and lung health」がWHOによるテーマとなっています。

世界禁煙デーの由来

世界禁煙デーは昭和45年に、タバコ対策に関する世界保健総会決議が行われ、喫煙が個人の趣向にとどまらず人体に害を及ぼす健康問題であるということで定められました。

世界禁煙デーの文章・例文

例文1.5月31日は世界禁煙デーにされているらしい
例文2.世界禁煙デーは昭和45年に決められたらしい
例文3.世界禁煙デーの時くらい禁煙をしてみよう
例文4.世界禁煙デーはタバコをやめる機会としてはもってこいだ
例文5.世界禁煙デーから1週間は禁煙週間だ
世界禁煙デーは世界で共通の習慣なので、自分一人ではなく世界中でそれを意識している人がいるので、多少なり励みになりますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

世界禁煙デーの会話例

  • 質問者アイコン

    今日から1週間はタバコを控えてみようと思うんだ。

  • 回答者アイコン

    急にどうしたんですか!?
    あんなにヘビースモーカーだったのに!

  • 質問者アイコン

    今日は世界禁煙デーで、1週間は禁煙週間だからね!

  • 回答者アイコン

    そういうことですか!じゃあこれをきっかけに健康的になりましょう!

世界禁煙デーは、禁煙したいけどきっかけがない人にはぴったりの日ですね。

世界禁煙デーの類義語

世界禁煙デーのような国際デーは他にもたくさんあります。例えば「国際平和デー」や「世界食糧デー」や「世界メンタルヘルスデー」というのもあります。

世界禁煙デーまとめ

世界禁煙デーはなんとなく定められているわけではなく、深刻化していくタバコによる健康被害を少しでも少なくするための国際デーです。自身だけでなく、周りにいる人の健康被害にも今一度気遣ってみてはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事