不言実行で目標を達成する

不言実行(ふげんじっこう)

皆さんは目標をもって生活をしていますか?社会人として何か活動をしていくにあたって目標がなく何かをやっているとしたら言い方は少々厳しいですが、お粗末だと言えます。営業マンであれば営業目標があり、会社の社長であれば売上目標があります。それは本来全ての人が持つべきものです。でも、中には目標を大々的に口にしたは良いけど実際にはそれとはかけ離れた成果しか出せない人がいると思います。目標を言っておいて未達成なわけですから本人も周りも気持ちの良いものではありませんよね。一方で、何も目標は言わないけど着実にやる事はやり大きな成果を上げる人もいます。どちらが良いかはさておき、社会人たるもの行動や成果が明かす必要性が大事な時もあります。今回は「不言実行」という言葉について説明していきます。

不言実行の意味とは

不言実行はまさしく字の通り、目標やこれからやる事を口に出したり、「ああだこうだ」と能書きを並べることなく実行に移す行為の事を指します。やるべきことをやっているわけですから周りも文句はないですよね。本人としても自信がつきます。実際に会社としても欲しいのは能書きを並べる評論家ではなく、実行してくれる実行部隊です。そういった意味では文句も言わずにやるべきことを淡々とやる理想的な社員像に相応しい言葉かもしれません。

不言実行の由来

この「不言実行」という言葉を聞いてあれ?と思った人はいませんか?そうです、実は非常に似た言葉に「有言実行」というものがあります。むしろ「有言実行」という言葉の方が馴染みが深いですよね。しかし、あまり知られていない事実ですが実は「不言実行」という言葉の方が早くに出来たのをご存知でしたでしょうか?昔からあるように思える「有言実行」という言葉ですが、出来たのは最近なのです。あまりに多くの人が使うためにてっきり前から使われていた言葉なのかと思いますよね。

不言実行の文章・例文

例文1.不言実行で背中を見せている上司の姿がカッコイイ
例文2.有言実行」よりも「不言実行」の方が背中で語る感じが僕は好きだ
例文3.有言実行」でも「不言実行」でもどちらでも構わないから目標を達成して欲しい
例文4.日本人は比較的「不言実行」を好む人が海外に比べて多い気がする
例文5.「不言実行」だと周りは目標が分からないからあまり盛り上がらない
日本人の特性や美徳として慎ましさがあり、あまり目標や思いを公にする事を是としない風潮もあり、多くの日本人が不言実行での行動を好むのも事実です。状況に応じた使い方をしていくのがいいと言えます。

不言実行の類義語

先ほども紹介しましたが、「不言実行」の類義語は「有言実行」です。どちらが良いかは人それぞれの好みですが、チームとして盛り上がるのはやはり「有言実行」ですよね。

不言実行まとめ

「不言実行」という言葉は実は昔からあり使われていたものです。いずれにしても社会人として評価をされたいのであれば結果を出すしかありません。自分自身の甘えを全て捨てて、必死に結果を追い求めている姿を見せれば「有言」だろうが、「不言」だろうが、周りを鼓舞します。そういった姿勢も重要になる事を覚えておくといいかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事