不惑(ふわく)

不惑とは、考え方に迷いがないことです。あるいは40歳の事を意味しています。意思が固い人や信念がある人は、ちょっとしたことでは考えが変わることがないと思います。だから他人に意見を言われても簡単に考えを変えるということが少ないです。また、考えに迷いがないということは決断するときにも迷うことはないのも特徴です。そんな様子を表す不惑という言葉について今回は、説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

不惑の意味とは

不惑の意味は考え方に迷いがないことです。また、40歳のことも意味します。迷いが少しでもある場合は不惑とは言うことができないので覚えておけるといいと思います。

不惑の由来

不惑の「不」は否定する意漢字であり、「惑」は判断ができなくなってしまうことを表しています。これらから考え方に迷いがないことを表す言葉として使われるようになったと考えることができます。

不惑の文章・例文

例文1.彼には信念があり、誰かの意見を聞いても考えを変えることはないだろう。まさに不惑である。
例文2.不惑の歳にも関わらず、不適切な発言があったことをお詫び申し上げます。
例文3.優柔不断である彼女にとって不惑に決断するということが難しい。
例文4.不惑になっても、変わらない信頼関係を築けていけるように努める。
例文5.不惑に何でも決める事のできる彼の決断力は羨ましいものである。
これらから不惑は考え方に迷いがないこと、また40歳という年齢を表すのに適しています。合わせて使いこなせるといいと思います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

不惑の会話例

  • 質問者アイコン

    彼は目標を達成するためならどんな手段も厭わないで迷いがないから凄いと思うよ。

  • 回答者アイコン

    そうね。いつも目標のために寝る間も惜しんで何かしているものね。

  • 質問者アイコン

    彼の身を心配して声をかけたんだけど不惑で、目標のために出来ることを止めなかったよ。

  • 回答者アイコン

    それは確かに心配ね。体調は崩してからじゃ遅いものね。

これは、ある人について男性と女性が話している様子です。

不惑の類義語

不惑の類義語には、「破瓜」「志学」「知命」などがあります。

不惑まとめ

迷いがないということは、物事について判断できているので良い意味で使われることがほとんどです。しかし、不惑であることはときに悪い結果を招いたり、悪い印象を人に与えてしまったりすることがあります。そのことを知っておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事