不妊治療の説明を受けている

不妊治療(ふにんちりょう)

晩婚化による不妊症などの問題が挙げられる昨今、あなたはこの問題についてどこまで知っているでしょうか。避妊をしないで性交を行い、一年以上経過しても妊娠しない場合において「不妊症」という診断がなされる可能性が高いです。
しかし、この不妊症は全体の20%の人がなるという統計もあり、そんなに珍しいことではありません。それでは、その不妊症を治療する「不妊治療」について詳しく見てみましょう。

不妊治療の意味とは

不妊治療とは、不妊症を治療する行為であり、大きく4つに分類できます。タイミング療法、人工授精、体外受精、顕微授精があげられ、段階ごとに治療行為が異なります。この不妊治療は、段階があがるにつれ治療費がかさみ、保険適用外ということが大きな問題として存在しています。

不妊治療の由来

1978年に生理学者が体外受精に取り組み、女児が生まれたことが最初の例です。
最初の例から40年間で世界中の700万人以上が体外受精で生まれました。そのうち、日本人は約48万人とされています。

不妊治療の文章・例文

例文1.不妊治療によって生まれた子も、立派な親になった。
例文2.子供ができないから批難された人たちにとって、不妊治療は救いだった。
例文3.不妊治療が病気と認められないのは、とても遺憾だ。
例文4.不妊治療中であれば、加入できる保険が限られてしまう。
例文5.不妊治療を受けるのは必ずしも女性だけではない。
不妊治療に対する理解度は、この日本においてあまり周知されていません。

不妊治療の会話例

  • 質問者アイコン

    この不妊治療に対して、僕も検査受けろってなんでだよ。僕には関係ないじゃないか。

  • 回答者アイコン

    あなたも協力してよ。あなたに問題があるとは言えないけど、私だけの問題じゃないのよ。

  • 質問者アイコン

    …わかったよ、僕も検査を受けるから、二人で頑張ろう。

  • 回答者アイコン

    あなた…これからも頑張りましょうね。

不妊治療というと女性のイメージがありますが、男性に問題がある場合があるので夫にも検査などに協力してもらう必要があります。

不妊治療の類義語

不妊治療の類義語として、「特定不妊治療」や「不妊症」があげられます。

不妊治療まとめ

不妊症は、実は男性にも問題がある場合もあり、その際には男性に治療を施す必要があります。
晩婚化によって結婚する年齢や、子供を作る年齢が高齢になっています。しかし、日本生殖医学会において、一般的に45歳以上の女性が妊娠することは難しいとされていて、若いうちに子供を作っておくほうが良いということが生物的に言われています。
高齢で出産されている例もあるので一概には言えませんが、高齢出産を希望する際には覚悟も必要になるということも考えてみてください。
不妊治療について-厚生労働省
上記に厚生労働省のリンクも貼ってありますので、詳しく知りたい人は見てみましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事