不作法な食事のマナーである若い集団

不作法(ぶさほう)

ビジネスシーンや目上の人の前では礼儀作法に気を使わなければならないこともあると思います。礼儀作法がなっていなければ相手に不快な思いをさせることもあるでしょうし、それは言葉遣いも同様です。そんな礼儀作法ですが、わきまえていないさまを不作法といいます。今回はそんな不作法について意味や使い方を解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

不作法の意味とは

不作法とは礼儀や作法がなっていないという意味です。またそれによって相手に不快な思いをさせたり、嫌な感情にしてしまう事を指しています。

不作法の由来

不作法の由来は、作法(礼儀や言葉遣い)という言葉と否定する「不」という言葉が組み合わさって成り立っていると考えられるでしょう。

不作法の文章・例文

例文1.不作法極まる行為に周囲は唖然とした。
例文2.彼の不作法は相手のことを不快な気持ちにさせてしまった。
例文3.ビジネスシーンで不作法がないようビジネスマナーについて学ぶ。
例文4.不作法な対応をしないよう普段から言葉遣いと身の振り方について気をつける。
例文5.礼儀作法をわきまえている彼は不作法とは程遠い。
これらから不作法であることは相手にとってあまりよい印象を与えません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

不作法の会話例

  • 質問者アイコン

    礼儀作法についてわきまえていることはとてもよいことだね。

  • 回答者アイコン

    ありがとうございます。

  • 質問者アイコン

    その調子で接客をお願いね。不作法であるとお客様を不快な思いをさせてしまうことがあるかもしれないからね。

  • 回答者アイコン

    はい。無礼のないよう今後も精進してまいります。

不作法は日常会話の多くのシーンで使うことができます。無作法ということもあるので覚えておきましょう。

不作法の類義語

不作法の類義語には、「無作法」「失礼」「無礼」「不行儀」「非礼」「烏滸の沙汰」などがあります。

不作法まとめ

特に日本はおもてなし、気遣いなどサービス業での接客の基準が大変高く言葉遣いなどにも気をつけなければ多くの場合で失礼とみなされてしまうことがあります。ビジネスシーンでも同様に身の振り方に気をつけなければなりません。食事の場でも同様にマナーが要求されることがあります。このように多くの場合で、マナー、礼儀作法というものは大切であるので不作法にならないよう注意できるといいですね。また、国によって礼儀作法やマナーは一部違うこともあるのである国ではよい意味でも他国では悪い意味として捉えられることがあるので気をつけましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事