上級国民達

上級国民(じょうきゅうこくみん)

最近、ニュースで話題になっている「上級国民」なる言葉ですが、現代日本社会において、法的もしくは公的に定められている身分制度というのは存在していません。もちろん、会社での役職だったりはあります。天皇でさえも明確な立ち位置としては「国民の象徴」という立ち位置になります。
テレビやメディア、ネットで池袋交通事故で事故を起こした人が逮捕されない事について議論が巻き起こっています。
上級国民の意味や由来、使い方について分かりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

上級国民の意味とは

上級国民とは、一般国民とは違い、特別な措置を受ける国民がいるかのような発言が元で生まれた、いわゆるネットスラングです。もちろん上級国民などという身分は日本には存在しておらず、そういったものがいるかのような発言を皮肉するための言葉になります。

上級国民の由来

言葉が広まるきっかけとなったのは、2015年に2020年に開催される東京オリンピックのエンブレム案に関することがきっかけです。当時、エンブレム案に関して盗用問題が起こった際に、そのデザイン性の理解をデザイナーと非デザイナーを区別する形で「一般国民」という言葉が用いられました。それを皮肉る形で、「上級国民」という言葉が広まったという経緯があります。

また今回多くの注目を集めているのが、池袋交通事故で2名の方が亡くなりましたが、その事故を起こした男性が以前に元官僚であり、大手企業の副社長を務めていた事、勲章の授与もされている事から、上級国民であるから逮捕されないのではないかと憶測を呼んでいます。

上級国民の文章・例文

例文1.上級国民という言葉は、正確には存在していない
例文2.差別するような上級国民という言葉は好きではない
例文3.一般国民と上級国民の違いは明確にはないが、特権階級というニュアンス
例文4.キャリア官僚や大手企業の役員経験者は上級国民と揶揄される
例文5.上級国民という言葉には妬みも含まれている事は想像に難しくない
そもそも正式に存在している言葉ではないので、認知している人も少ないと思います。次に会話例でもみてみましょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

上級国民の会話例

  • 質問者アイコン

    この間の事故の件だけど、なんかもみ消しがあるとかないとかやってたね。

  • 回答者アイコン

    私もそのニュース見ました。
    なんでも事故を起こしたのが財界のお偉いさんだとかで。

  • 質問者アイコン

    本当かどうかわからないけどね。本当だったら、さすが上級国民だよね。

  • 回答者アイコン

    一般階級の私たち一般国民とは全く待遇が違うんですね。

このように、皮肉めいて使うことが多いようです。

上級国民の類義語

上級国民という言葉自体はネットスラングで使われている言葉で徐々にメディアを通じて認知されています。
上級国民の類義語としては「特権階級」などが挙げられるでしょう。更に反義語としては「一般国民」という意味になるでしょう。

上級国民まとめ

念のためにおさらいをすると、実際に上級国民という地位は日本には存在しておらず、あくまでも2チャンネルで生まれたネットスラングです。
知人同士の会話で雑談として使うのは問題ありませんが、相手の気分を害する使い方がない様に十分注意をする必要があります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事