三日天下(みっかてんか)

三日天下は権力を握っている期間が短いことです。また、きわめて短い期間のことです。昔、争いが耐えなかった時代では権力者となってもすぐにまた別の人が実権を握るということがあったと言われています。そのため、権力を握っているのはほんの僅かな期間だけということもあったそうです。そのようなさまを表す言葉が三日天下という四字熟語です。今回はそんな三日天下について使い方とともにみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

三日天下の意味とは

三日天下の意味は権力を握っている期間が短いこと。また、きわめて短い期間のことを表しています。

三日天下の由来

三日天下の由来は、本能寺の変という戦いにあったと言われています。本能寺の変では明智光秀が天下をとったが、数日後には権力を失ったことからです。その権力を握っていた期間が短いさまを表す言葉として三日天下という言葉が使われるようになったと言われています。

三日天下の文章・例文

例文1.せっかく出世したのにも関わらず、問題を起こしたことが発覚して退社になっていまった。まさに三日天下とはこのことである。
例文2.三日天下にならないように策を講じる。
例文3.三日天下でなるとしても自分の信念を貫き通す。
例文4.本能寺の変は、三日天下であるということがとても有名である。
例文5.初めて大会で優勝したが、その後すぐに負けてチャンピオンの座を剥奪された。三日天下になってしまった。
これらから三日天下は、権力を握っている期間が短いことを表すことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

三日天下の会話例

  • 質問者アイコン

    今度、会社で新しいサービスを展開するための企画会議が行われるらしいんだ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。それは面白そうだね。君も参加するのかい。

  • 質問者アイコン

    うん。ただまだプロジェクトのメンバーが決まっていないから自分の企画案が通ればプロジェクトのリーダーとして活躍できるかもしれないんだ。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。三日天下にならないで新しいサービスを成功させてくれよ。

これは、あるサービスの企画会議について話している様子です。

三日天下の類義語

三日天下の類義語には、「三日大名」「三日坊主」「一栄一落」などがあります。

三日天下まとめ

今日でも仕事のできる人が他の人に対して指示を出すため、能力が至らなければ三日天下になってしまうということもあります。ビジネスシーンなどでもしばしば使うことができるので覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事