七夕を祝う

七夕(たなばた)

様々な伝承や伝説や言い伝えといったものを祝うという風習はどこの国にもあるものです。日本ももちろん例外ではなく、全国に知れ渡っているものから、一部地域でのみ行われているようなものまで様々あります。その中で有名なものの一つは「七夕」ではないでしょうか。1年に1度の行事として知られていますが、その詳細を改めて解説していこうと思います。

七夕の意味

七夕は節供の一つで、日本だけではなく中国や韓国やベトナムといった東南アジアの諸地域で知られているものです。桃の節句(ひな祭り)や端午の節句(こどもの日)と並んで五節供の一つにも数えられています。
また、7月7日の前後には全国でも七夕を祝うための祭りが開催されます。

七夕の由来

七夕で伝えられている織女と牽牛の伝説は、中国から来たもので「古詩十九首」に文献としては初めて出典されています。そこから奈良時代に日本に伝わって、日本にもともと存在していた「棚機津女(たなばたつめ)」の伝説と交わったことで生まれたとされています。
たなばたという名前の語源は、古事記で読まれている歌にある「淤登多那婆多」や日本書紀にある「乙登多奈婆多」など諸説あります。7月7日なのは雜令によって節日と決められていることや平城天皇がなくなった日であることが由来しています。

七夕の文章・例文

例文1.明日は七夕だから、短冊を買ってきて願い事を書いておこう
例文2.七夕祭りがやってるらしいから、一緒にいってみよう
例文3.七夕には部屋にも飾り付けをしてパーティをしよう
例文4.もうすぐ七夕の季節なんだね
例文5.七夕の夜は雲が出ないといいな
七夕の夜には祭りに出かける人や、ホームパーティを行う予定の人も少ないのではないでしょうか。何かしらの形で祝う文化がありますね。

七夕の会話例

  • 質問者アイコン

    明日の日曜は七夕だけど、何か予定ある?

  • 回答者アイコン

    特には何も予定入れてなかったよ。
    何かする?

  • 質問者アイコン

    近所で七夕祭りをやるから、一緒に行ってみない?

  • 回答者アイコン

    いいねー!短冊とか置いてるかな?

地域によって七夕祭りもその特色があったりしますので、調べてみるとその面白さもあると思います。

七夕の類義語

上述したように、七夕は五節供の一つとされています。七夕以外には「七草の節句(1月7日)」「桃の節句(3月3日)」「菖蒲の節句(5月5日)」「の節句(9月9日)」があります。

七夕まとめ

七夕という行事に関してここまでまとめさせていただきました。七夕の歴史の部分に関してはここでは簡単にしか触れていないので、さらに詳しく知りたい方は調べてみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事