一挙両全(いっきょりょうぜん)

一挙両全とは、一つの行いによって、二つのことが上手くいくことです。一つの行いでよいことが合わせて二つ起きることはあると思います。そんな時は、いつもより得をしたという気持ちになるものです。今回は、そんな一挙両全について使い方をみていきます。

[adstext]
[ads]

一挙両全の意味とは

一挙両全の意味は、一つの行いによって、二つのことが上手くいくことです。一つの行いで自分にとって利益となることが二つあるということは、とても喜ばしいことです。そんなときには、この一挙両全という言葉を使うことができます。

一挙両全の由来

一挙両全の「一挙」とは、一度の行動や行いのことを指しており、「両全」とは、二つのことが完璧であることを指しています。これらの言葉を組み合わせて一挙両全が成り立っています。

一挙両全の文章・例文

例文1.気遣いは、相手にとっても自分にとっても上手くいく一挙両全な行いである。
例文2.部屋にあったいらない物を売ったらお金になったし、部屋も片付いたから一挙両全だよ。
例文3.最近、ダイエットのために運動を始めたんだけど、ダイエットはもちろん、健康にもいいし一挙両全だね。
例文4.食習慣を見直してからというもの体調もとても優れているし、目覚めも良くなって一挙両全とはこのことだね。
例文5.一挙両全と思い行った行動が、どちらも上手くいかずに落ち込む。
一挙両全とは、このように使うことができます。一石二鳥などと似た意味であることから置き換えることができる場合もあります。合わせて覚えておくとよいと思います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

一挙両全の会話例

  • 質問者アイコン

    先週の週末、髪が伸びてきたから行きつけの美容院に行ってきたの。

  • 回答者アイコン

    そうだったのかい。道理で髪が短くなったと思ったよ。

  • 質問者アイコン

    うん。髪が短くなってまとまりもよくなったし、髪を乾かすのにもあまり時間がかからなくなって一挙両全って感じだわ。

  • 回答者アイコン

    それは良かったね。僕も来週美容院に行く予定だから楽しみだよ。

彼女らは美容院について話しをしています。 一挙両全な思いをできた彼女は喜んでいます。

一挙両全の類義語

一挙両全の類義語には、「一挙両得」「一石二鳥」「一挙両利」などがあります。

一挙両全まとめ

誰しも嫌な思いより、いい思いをしたいものです。自分にとって有益であるのか、それとも不利益にしかならないのか予め考えて行動することは大切です。また、一つの行いによって二つの利益を得ることができたらそれは大変有意義なものになると思います。どんなことでもよい結果に転ぶように行動するといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事