ワンナイトラブ(One Night Love)

「ワンナイトラブ」とは「恋愛関係にない男女が衝動的に一晩だけ性行為をする関係」です。どちらかが既婚者や恋人がいたり、或いは双方が独身者でも勢いなどで思わず関係を結んでしまう事で、昔は旅先や飲み屋などが定番でしたが、現在はネットによるマッチングアプリや掲示板などを使う人も多いようです。最近は何でも両極端な二極化が進んでいるので、性行為に夢中な人は取っ替え引っ替え遊びまくり「ワンナイトラブ」を繰り返し、やらない人は草食系としてまったくしないようです。

[adstext]
[ads]

ワンナイトラブの意味とは

「ワンナイトラブ」の意味は以下の通りとなります。
(1)恋人同士ではない男女が一夜(一度)だけ過ちとして大人の関係になる事で、基本的には恋愛関係がないその場限りのセックスの隠語めいた表現。
(2)飲み屋で知り合った男女、友人関係の男女、職場の同僚等々がお酒の力や雰囲気や性衝動によって一晩だけ性行為をしてしまう事。
”ワンナイト”は「一晩」「ある晩」「一夜」、”ラブ”は「愛」「恋愛」「性行為」で、一晩や一回限りの性行為が「ワンナイトラブ」です。いくら友人関係でも露骨に「昨日見ず知らずの相手と一度限りのセックスをした」と話すのは下品であり変に思われるので、日本らしいオブラートに包んだ物言いとして「ワンナイトラブ」と使われます。それも「ワンナイトラブに憧れる」「ワンナイトラブの経験がある」といった風にして、本来は酒の力や雰囲気から衝動的に行為に至ったのに、まるで素敵な異性と出会い愛情たっぷりな行為に挑んだような錯覚を及ぼします。さらに深掘りすると、親しい関係なら冗談として「ワンナイトラブ」について話す事はあっても、通常はあまり話題にしないものです。ネット掲示板やマッチングアプリではそのような関係を求めて多用されたり、逆に援助交際などでは金銭をカモフラージュする役目として「ワンナイトラブ」が使われます。補足として、厳密にはアメリカなど(英語)では「One Night Stand」が「一度だけの関係」「一度だけの性行為」となり使用され、「ワンナイトラブ」は和製英語で日本のみ通用します。

ワンナイトラブの由来

「ワンナイトラブ」の由来は残念ながら不明です。昭和時代のドラマや漫画などが始まりと想像できますが、憶測の域を出ていません。

ワンナイトラブの文章・例文

例文1.学生時代にモテないとワンナイトラブに強い憧れを抱くようだが、あまり深入りすると美人局など面倒事に巻き込まれるので注意が必要だ。
例文2.暴露系YouTuberが鼻息を荒く芸能人のワンナイトラブ事情について熱く語ったが、冷静なると実にどうでもいい情報で拍子抜けする。
例文3.出会い系アプリはワンナイトラブで溢れているが、調子に乗って遊びまくると反社の怖い輩がミニバンに乗ってやってきて、「調子に乗るな」と因縁から制裁を入れて金品を奪って行ってしまう。
例文4.ワンナイトラブ目的でスマホを2台持ちにして、今日もどこかの誰かと行為に及ぶのを生き甲斐にしているが、本音ではとても虚しい。
例文5.政治家ならワンナイトラブの相手は秘書が調達しホテル代も血税払いで、庶民としては呆れて物も言えない。
皮肉めいて「ワンナイトラブ」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ワンナイトラブの会話例

  • 質問者アイコン

    俺達も付き合い始めて3年かー。あっという間だな。

  • 回答者アイコン

    どうせ、最初はワンナイトラブのつもりだったんでしょう?

  • 質問者アイコン

    そんな事はないって。俺はこのまま結婚まで行けばいいと思っているよ。

  • 回答者アイコン

    その割には本当の名前も教えてくれないし、どこに住んでいるかも携帯番号すら絶対に秘密にしているよね。そんな付き合いばかりしていると、いつか誰かに刺されるよ。

両者の思い入れに大きな違いがある男女の会話となります。

ワンナイトラブの類義語

「ワンナイトラブ」の類義語には、「ワンチャン」「割り切り」「大人の関係」「支援」「夜遊び」「女遊び」「アバンチュール」「火遊び」「一夜の恋」「一度の過ち」「一夜の冒険」「その場限りのロマンス」などの言葉が挙げられます。

ワンナイトラブの対義語

「ワンナイトラブ」の対義語には、「真剣交際」「結婚前提交際」「真剣恋愛」などの言葉が挙げられます。

ワンナイトラブまとめ

「ワンナイトラブ」は大人の男女が一夜(一度)だけ体の関係として性交渉をする事で、ネットの掲示板やマッチングアプリだけでなく実生活でも気心が知れた友人などが話題にする言葉です。誰しも性的欲求や嗜好を持ち合わせているので、「下ネタ」や「スケベ話」に属する「ワンナイトラブ」は最も盛り上がり打ち解けやすいテーマでもあります。本来は恋人同士でもないのに衝動的に関係を結ぶのは恥ずべき行為ですが、誰しもそんな願望を抱いているのか巷には体験談が溢れています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事