今日ワンチャンあるかも

ワンチャン(One–chan)

若者言葉と呼ばれる略した言葉が最近増えていますが、そういった方たちも社会に出始めて活躍をしていると知らない事で不利益を被るなんてこともあるかもしれませんので、スタンダートに使われている言葉は覚えておきたいですね。

ワンチャンの意味とは

ワンチャンの意味としては「One chance」のワンチャンスを略して、ワンチャンになっており、もしかすると、ひよっとすると、可能性が少しあるという様な意味合いで使われています。特に若者言葉であり、twitterやLINEInstagramなどのSNSでも頻繁に使われている言葉です。

ワンチャンの由来

ワンチャンの由来は麻雀用語であると言われており、当たり候補の牌を通せればその後、自分があがれる可能性が高まる事を指していました。そこから若者を中心に使われる様になり、日常でも良く聴く言葉へとなっていきました。

ワンチャンの文章・例文

例文1.今日の合コンはワンチャンありそうだ
例文2.明日のバイトワンチャン変わってもらえるかもしれない
例文3.好きな子に告白したらワンチャンある
例文4.人事異動でワンチャン昇進の可能性あるよ
例文5.ワンチャン遊べそうなら連絡して
ワンチャンはかなり広く使われている事がわかります。可能性を示す言葉としても使われている為、可能性がある事を指し示すシーンでの利用が最も多いでしょう。

ワンチャンの会話例

  • 質問者アイコン

    今日の夜は経理部の女の子たちと合コンなんだよね。

  • 回答者アイコン

    もしかしたら、
    ワンチャンあるんじゃないですか?

  • 質問者アイコン

    そうなるように、今日はバッチリキメてきたよ!

  • 回答者アイコン

    どうりで、いつもと違うと思いました。

基本的には、チャンスがあるかもしれないという、プラスの状況が発生する可能性を指す言葉なので、会話例のようにしようすると自然な使い方になります。

ワンチャンの類義語

ワンチャンの類義語とては「ツーチャン」「フルチャン」というものがあります。可能性が倍ある事をツーチャンと言い、100%である事をフルチャンという言い方をします。

ワンチャンまとめ

使い方や例文を見ると、ワンチャンという言葉自体がかなり今の生活の中で広がっている事がお分かり頂けるのではないでしょうか。類義語や派生語も若者言葉の中で生まれている為、今後もワンチャンから言葉が派生してくる可能性もあると言えるでしょう。また若者言葉から派生して、一つの文化や流れが作り出される事もありますので、毛嫌いせずに使わなくとも意味を理解しておくとコミュニケーションがスムーズになるのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事