ロンリネス(loneliness)

ロンリネスとは、孤独や寂しさという意味を持つ言葉です。毎年クリスマスの時期が近づくと、リア充などと言う言葉を耳にすることが増える一方で、クリぼっちやロンリネスという言葉も聞くことがあります。今回はそのロンリネスという言葉について、解説していきます。

[adstext]
[ads]

ロンリネスの意味とは

ロンリネスの意味は、一人ぼっちで不安や孤独、寂しいという気持ちを表しています。恋愛ソングで人気のbuck numberの楽曲に「ロンリネス」というものがありますが、これも孤独をテーマにしていて、この曲はあまり恋愛の要素がないことが特徴となっています。似たような意味の言葉に「ソリチュード(solitude)」があり、これも一人ぼっちといった意味を持っています。ただ、ソリチュードは、一人を表す「solo(ソロ)」が語源となっており、一人でも寂しいという意味が含まれてなく、むしろ一人の時間を楽しんでいる状態を表しています。一人焼肉や一人カラオケといった、一人で様々なことを楽しむソロ活という言葉も流行しているように、ロンリネスとは似ているようで違う意味になっています。

ロンリネスの由来

ロンリネスは英語の「loneliness」が由来となっています。「loneliness」は、孤独、寂しい、一人ぼっちといった意味を持っているため、そのまま英語からカタカナ言葉として用いられています。

ロンリネスの文章・例文

例文1.buck numberのロンリネスという楽曲を聞く
例文2.クリスマスが近づくと、ロンリネスという言葉に複雑な心境になる
例文3.ロンリネスにならないように恋活を始める
例文4.ロンリネスではなく、一人の時間を楽しんでいるだけだ
例文5.お酒を飲んでロンリネスな気持ちを少しでも紛らわす。
ロンリネスを使った例文になります。ソリチュードとは違い、どちらかと言うと寂しいという中でもプラスではない言葉のため、使い方には注意が必要かもしれません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ロンリネスの会話例

  • 質問者アイコン

    今年のクリスマスは誰と過ごす予定なの?

  • 回答者アイコン

    もちろん恋人と過ごす予定だよ。

  • 質問者アイコン

    それは羨ましいな。私はロンリネスだから、一人寂しくお酒でも飲もうかな。

  • 回答者アイコン

    まだクリスマスまで時間あるからきっと一緒に過ごす相手見つかるよ。

ロンリネスを使った会話例になります。クリスマスが近づくとどうしてもロンリネスという言葉を耳にすることが増えます。

ロンリネスの類義語

ロンリネスの類義語は、「ソリチュード(solitude)」や「クリぼっち」などがあげられます。

ロンリネスまとめ

ロンリネスとは、孤独や寂しいといった気持ちを表す、元々英語からきた言葉です。クリスマス前になるとクリぼっちなどと同じくロンリネスという言葉を耳にしてしまうことも増えますが、ソリチュードという言葉もあるように、一人の時間を楽しむというのも最近は流行しているので、何か新たな発見などを求めてソロ活してみるのも良いかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事