レイシストとは、人種差別をする人のこと

レイシスト(Racist)

「私はレイシストではない。」
2019年2月、有名俳優リーアム・ニーソンが言った言葉に注目が集まっています。リーアム・ニーソンは一連の発言の中で非難されていますが、果たしてその話題の中心にある「レイシスト」とはいったいどのような存在なのでしょうか?この記事ではレイシストの意味について解説していきます。

レイシストの意味とは

レイシストとは「肌や生まれ、言葉、人種など、自分では選べない種々の理由によってその民族や種族を差別する人々」のことです。
場合によっては、ある価値観、生き方を持っている人々を差別することも「レイシスト」と言われたりしますが、狭い意味ではそれはレイシストではありません。
リーアム・ニーソンがなぜ非難されているかというと、彼が40年前に取った行動を告白したことが発端になっています。
リーアム・ニーソンは次のように告白しました。
「私は40年前、友人が黒人にレイプされたことに憤りを感じ、1週間から10日ほど棍棒を持ち、黒人と出くわしたら殺そうと歩き回っていた。実際にはそんなことはなかったが。」
彼はこの出来事を振り返り、「本当に恐ろしい考えを持っていた。ただし、私はレイシストではない。黒人でなくても、犯人が別の人種だったら同じことをしただろう」と付け加えています。
彼自身がレイシストかどうかと言われれば、確かにレイシストの定義からすると微妙なところです。
日本でいえば、在特会(在日特権を許さない市民の会)などは「朝鮮人を殺せ」など、ヘイトスピーチを繰り返すことで有名です。

レイシストの由来

レイシストの由来は「レイシズム」からきています。レイシズムとは「人種主義」のこと。つまり、レイシストは人種主義者ということになります。
人種主義というのは「ある人種を先天的に劣っているとみなしたり、優れているとみなす考え方」のことです。

レイシストの文章・例文

例文1.人は誰でも簡単にレイシストになりうる
例文2.かつてのアメリカでは黒人差別が当たり前だった。全国民がレイシストだったのだ
例文3.レイシストのヘイトスピーチは聞いているだけで頭が痛くなる
例文4.人種差別をしていないふりをして、心はレイシストということもありうる
例文5.レイシストと非難する
例文にも出てきていますが、人をレイシストと非難する時は慎重になる必要があるでしょう。

レイシストの会話例

  • 質問者アイコン

    「朝鮮出て行け」とか、ヘイトスピーチを聞くのは嫌だね。

  • 回答者アイコン

    そうね。単純に言葉が汚いだけで気持ち悪くなる。私は韓国人の友達が多いから、特にね。

  • 質問者アイコン

    この問題は延々と続くんだろうなあ。レイシストは皆、自分のことを正義だと思っているからね。

  • 回答者アイコン

    温和な形で主張をしてほしいわね。

上記の会話でも危惧されているように、レイシストの発言は時に過激になりがちです。感情論ではなく、冷静に物事を判断していくことが必要です。

レイシストの類義語

レイシストの類義語は「人種差別」「人種主義者」などが挙げられます。

レイシストまとめ

レイシストについて解説しました。国際問題も絡む複雑な内容が多いので、使いどころも難しい言葉と言えるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事