ルーツを知る

ルーツ(roots)

人やモノ、出来事、習い事何にでも始めた理由や始まった理由というものはあるかと思います。理由なしに何かが始まるというのことはないと思うので、なぜそういったものができるようになったのかというのは重要なポイントです。例えば会社です、こういうビジネスで世の中の役に立ちたいというような創業者の思いが理念としてルーツになっていたりします。そこでこの「ルーツ」というものについて言葉の意味と共に解説していきたいと思います。

ルーツの意味

ルーツという言葉には大きく分けて2つの意味があり、1つは先祖や祖先という意味があります。2つ目は物事の起源という意味です。現代で使われているルーツという言葉に関しては後者の意味で使っているケースが多いのではないでしょうか。物事始まりや最初がどうだったかという立ち返りの際に用いることが多いと思います。または個人を知る際にも現在のその人を形どっている「ルーツ」はなんなのかというような使い方をしますね。

ルーツの由来

ルーツという言葉は上記で解説した内容の英語表記で「roots」が元になります。

ルーツの文章・例文

例文1.この会社がなぜこういう経営理念なのかのルーツを知りたい
例文2.文明がこれだけ反映することになった、そのルーツを探る
例文3.ルーツを知ることで、一段と理解が深まると考えている
例文4.彼にとってのルーツは一体何なんだろう
例文5.ルーツを知ることが創業者を理解することに繋がると考えている
例文にもあげていますが、ビジネスの側面で使う機会が多い言葉にも感じられますね。

ルーツの会話例

  • 質問者アイコン

    うちの会社のことを知るなら、まずは創業者のを知った方がいいね。

  • 回答者アイコン

    なるほど。
    確かにそうかもしれませんね。

  • 質問者アイコン

    創業者の考えが今の会社になっているんだから、そこがルーツということになるからね。

  • 回答者アイコン

    じゃあ会社のルーツを知るために創業者のことを色々教えてください。

会社の入社研修等ではこのような会話が出ることもあるのではないでしょうか。

ルーツの類義語

ルーツはざっくり定義するなら大元という意味なので、ニュアンスが近い言葉としては「根源」や「始まり」といった言葉があげられるかと思います。

ルーツまとめ

あらゆる物事には、このルーツが存在しています。そしてそれを知ることで、その者への理解が深まるので実はとても大切なことです。会社のルーツや友人のルーツなど知るのはいいことではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事