リーマン・ショック

日本がバブル崩壊から失われた20年と言われた時期に経済不況に陥っていたさなか、世界を揺るがし混乱を招いた大きな金融危機が起こりました。それがリーマン・ショックです。まだ記憶に新しいこの大きな金融危機は世界中を巻き込んでの歴史的な大事件でした。

リーマン・ショックの意味とは

リーマン・ショックの意味は2018年9月15日にアメリカの投資銀行であるリーマンブラザーズが経営破綻した事が発端となります。2007年からアメリカでは住宅バブルが弾けており、サブプライムローン、プライムローン、オークションレート証券など多岐にわたる資産の暴落が始まっており、住宅市場が悪化するのに合わせて連邦住宅抵当公庫は様々な策を講じるも、サブプライムローンの延滞率は改善されず、住宅の差押も増加していました。
ここに歯止めが聞かせる為にアメリカ政府が約3兆ドルの救済政策を決定したものの、その1週間後、多額の損失を出していたリーマンブラザーズは破綻した。そしてその破綻が世界規模で波及し、連鎖的に金融危機を生み出す事になりました。

リーマン・ショックの由来

リーマン・ショックの由来は和製英語であり、一般的な言い方としては国際金融危機(the Global Financial Crisis)や2008年金融危機(the 2008 financial crisis)と欧米各国で使われる。

リーマン・ショックの文章・例文

例文1.リーマン・ショックではサブプライムローンが大きな問題となった
例文2.金融危機を招いたリーマン・ショックは連鎖倒産も相次いだ
例文3.リーマン・ショックによる日本への直接的な影響は限定的だ
例文4.大き過ぎて潰せないとはリーマン・ショックの後から使われる始めた
例文5.リーマン・ショックはアメリカ経済の屋台骨を揺るがす大事件だ
リーマンブラザーズが大きすぎて潰せなかったと言われており、最終的な負債総額は約64兆円と言われており、アメリカ史上最大の企業倒産であった。

リーマン・ショックの類義語

リーマン・ショックの類義後としてではなく、経済危機という観点ではあるが、1987年の「ブラックマンデー」1980年代から1990年代にかけての「S&L危機」があげられます。

リーマン・ショックまとめ

リーマン・ショックの引き金となったリーマンブラザーズについては、当時日本のメガバンクも含めて、売却の交渉が行われていましたが、アメリカ政府が公的資金の注入を拒否していた事もあり、交渉がまとまらなかったのです。
最後まで候補に残っていたバンク・オブ・アメリカもメリルリンチの買収が内々で決定している状況であり、リーマンブラザーズを買収するだけの余力はアメリカの金融機関はどこも既になかったと言えるでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事