リモートワークで働く

リモートワーク(remote work)

会社勤めだとどうしても会社に行って仕事をするというスタイルが基本になりますが、現代ではそういった従来の働き方にとらわれることなく、リモートワークという新しい働き方が普及しつつあります。ライフスタイルの変化や働き方の変化が著しい今の時代に即した働き方であると言えるかもしれません。リモートワークの意味や使われ方についても詳しく解説をしていきます。

リモートワークの意味とは

リモートワークとは「従業員が自宅いる状態で、会社とコミュニケーションをとりながら仕事をすること」を言います。わざわざ会社に出勤する必要のないプログラマーやデザイナーの方などが、電話やメールなどを用いてクライアントと連絡を取り、コミュニケーションを図ったうえで自宅で作業をするといった働き方です。

リモートワークの由来

リモートワークの語源は英語の「remote work」です。remoteは遠隔の、workは仕事を表し、文字通り会社から離れた状態で働くという意味合いからリモートワークと名づけられました。

リモートワークの文章・例文

例文1.リモートワークで仕事をする上で集中力は重要だ
例文2.会社からリモートワークの許可が下りたので、早速やってみる
例文3.リモートワークではクライアントと迅速に連絡が取れる環境が必要である
例文4.働き方改革の波でリモートワークを推奨する企業が増えている
例文5.リモートワークでは、会社とのコミュニケーションが重要である
ワークライフバランスが叫ばれている中で、企業も個人の能力を最大化することや働き方を変える事で雇用の確保をしています。そういった動きの中で自由に仕事が出来る環境が整っていくのは労働者にとっても、ありがたい事です。

リモートワークの会話例

  • 質問者アイコン

    この職場にもリモートワークの働き方を提案します。
    この働き方によって、どこでも仕事ができるようになり効率が上がるだろうと考えられます。

  • 回答者アイコン

    しかし、リモートワークの働き方改革は前例がない。もっと実績のある改革をすすめよう。

  • 質問者アイコン

    リモートワークはすでにほかの会社で実績を挙げているので、
    今回の働き改革として進めても問題ないと思います。

  • 回答者アイコン

    では、今回はリモートワークでの仕事ができるようにしていこう。

多種多様な働き方が求められている昨今、職場の環境もそれに応じたものが求められてきています。改善している企業とそうでない企業の差が開いている今から、どういった働き方が自分に合っているのか考えていきたいですね。

リモートワークの類義語

リモートワークの類義語には「テレワーク」や「在宅ワーク」という言葉があります。
基本的にはどの言葉も同じ意味ですが、テレワークはリモートワークの少し古い言い方で、在宅ワークは内職や商品モニターなどの自宅でできるアルバイトをさすことも多いです。

リモートワークまとめ

時代がIT化するにつれ、コミュニケーションの取り方も多く変わってきました。その変化が働き方に現れた例が、まさにリモートワークだと思います。リモートワークは無駄な出勤時間や交通費を削減できるため、社員の健康や会社の経費削減にとっても有効です。これからの時代のスタンダードな働き方となっていく事が見込まれますが、リモートである為責任感を持って今以上に仕事をするという事も忘れてはいけません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事