リフォームをする

リフォーム(reform)

ある程度築年数た経った建物であれば「リフォーム」をするのが一般的ではないでしょうか。継続して住んだり人に貸したりする上での安全上の問題や、外観の問題として行う人が多いようですが、実際に「リフォーム」をするというのはどういうことなんでしょうか。その言葉の意味を解説したいと思います。

[adstext]
[ads]

リフォームの意味

リフォームというのは、日本における意味合いとしては外壁の修繕や住宅設備の交換、オール電化といったものを指します。つまりは修繕のことです。しかし、英語におけるリフォーム(reform)というのは、「改心する、改善する」や「作り直す」
という意味があるので、日本での言葉の使用用途とは若干異なってくるようです。
ちなみに、日本における建築業者等の間では「家を作り直す」という意味合いを込めて「リホーム(rehome)」という和製英語で呼ばれることもあるようです。
リフォームにあたって気をつけなければならないのは、「悪質リフォーム」や「リフォーム詐欺」といった悪質な業者です。そうした事件は年間でも多く発生しているため、注意が必要です。

リフォームの由来

リフォームという言葉の由来は、上記でも触れましたが「改心する、改善する」や「作り直す」という意味を持つ英語の「リフォーム(reform)」からきています。

リフォームの文章・例文

例文1.そろそろこの家もリフォームしようと考えている
例文2.リフォームが必要なくらい古くなってきている
例文3.リフォームでオール電化に変えようと思いっている
例文4.あそこの家はリフォームをしているようだ
例文5.我が家もリフォームしたいな
家は一生の買い物とも言うので、大きな金額をかけてでもリフォームをする人は少なくはありません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

リフォームの会話例

  • 質問者アイコン

    そろそろこの家もリフォームをしたほうがいいかな。

  • 回答者アイコン

    20年も経つと結構ガタがきてるからね。
    思い切ってフルリフォームしちゃう?

  • 質問者アイコン

    そうだね。お金はかかるけど、子供達にも残してあげたいからね。

  • 回答者アイコン

    じゃあ早速業者さんを探してみよう。

リフォームには一部だけのリフォームと、全体的にリフォームするフルリフォームがあります。

リフォームの類義語

リフォームの類語としては、「リノベーション」や「改修」、日本での考え方にあたる「リホーム」があげられます。

リフォームまとめ

リフォームという言葉に関して解説をしてきました。特に住居に関しては、大切なものなのでリフォームしてでも長く残したいという考え方になるのが、一般的なようです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事