リスクヘッジする指の絵

リスクヘッジ(りすくへっじ)

皆さんは将来に向けて何か対策をとっていることはありますか。いつ起こるか分からない大地震に備えて避難経路を確認したり、非常食を買い込んだりと様々な対策をとっているかと思います。このような対策をとることは、金融業界やビジネスの世界では「リスクヘッジ」と呼ばれています。「リスクヘッジ」の考え方は、私たちの日常生活においても非常に重要なものです。そこで今回は、「リスクヘッジ」という言葉について詳しく解説していきたいと思います。

リスクヘッジの意味とは

「リスクヘッジ」とは、将来起こりうるリスクを想定して、事前に対策を練って体勢を整えておくことを言います。

リスクヘッジの由来

「リスク」は危険という意味で、「ヘッジ」はここでは回避するという意味になります。この二つを合わせて生まれた言葉が「リスクヘッジ」です。

リスクヘッジの文章・例文

例文1.リスクヘッジのために定期的に会議を行う。
例文2.リスクヘッジのために滑り止め受験をする。
例文3.リスクヘッジのため、代替案を用意しておく。
例文4.彼の会社が倒産した原因は、リスクヘッジができていなかったからだ。
例文5.私はリスクヘッジが不十分なままスタートしたことに強い不安を感じている。
リスクヘッジを軽視していると、万が一の場合に立て直すことができなくなってしまいます。

リスクヘッジの会話例

  • 質問者アイコン

    明日のプレゼンの資料なんだけど、これで大丈夫かな。

  • 回答者アイコン

    いいと思うけど、もう少し選択肢を用意しておいた方がいいんじゃない。

  • 質問者アイコン

    なるほど、この案が却下された時にどうしようもなくなっちゃうもんね。

  • 回答者アイコン

    そういうこと、リスクヘッジが大切よ。

自分がどれだけ名案だと思っていても、全ての人がそう感じるとは限らないので、いくつかの代替案を用意しておくことが大切ですね。

リスクヘッジの類義語

「リスクヘッジ」の類義語には、「転ばぬ先の杖」や「備えあれば憂いなし」、「浅い川も深く渡れ」などが挙げられます。

リスクヘッジまとめ

今回は、前もって将来起こるであろうリスクを予想して対策をとっておくことを意味する、「リスクヘッジ」という言葉について紹介しました。金融業界やビジネスの世界でよく使われる言葉ですが、リスクヘッジの考え方は誰もが心得ておくべきものなので、これを機に覚えておいてくださいね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事