ランディングページ(Landing Page)

「ランディングページ」とは、Webサイトの種類の一つで、1つのコンバージョンのみに絞った縦長のWebページのことです。例えば、会社のホームページをイメージすると、一般的にはトップページから会社概要や事業情報など、様々なページに入ることができると思いますが、ランディングページの場合は、1つの項目のみに絞った1枚のページになります。それでは、「ランディングページ」について詳しく説明させて頂きます。

[adstext]
[ads]

ランディングページの意味とは

「ランディングページ」は、「LP」とも呼ばれており、冒頭でも説明した通りWebサイトの種類の一つで、1つのコンバージョンのみに絞った1枚の縦長のWebページのことです。元々あるホームページから特設サイトのような感じで表示されるものもあれば、他サイトのバナー広告などをクリックしたら表示されるなどといったものが多いです。例えば、インターネット通販のサイトであれば、商品の説明と購入画面に進むボタンのみ、企業の採用サイトであれば、会社の採用案内とエントリーやお問い合わせのボタンのみ、病院で言えば、病院の診療時間などの詳細と予約画面に進むボタンのみといったイメージになります。必ずしも1種類のボタンのみとは限りませんが、だいたいは1つの目的のみにおいて作成されたWebページになります。

ランディングページの由来

ランディングページは英語で「Landing Page」で、Landingは英語で着地という意味があり、サイトに訪問した人がホームページに着地するという意味が由来となって使われています。

ランディングページの文章・例文

例文1.就活で企業の採用ページを開いたら、ランディングページが表示された。
例文2.青汁の通販ランディングページを閲覧し、実際に購入した。
例文3.ランディングページとは、一つのコンバージョンに絞ったWebページのことだ。
例文4.ランディングページを用いることで集客アップを狙う。
例文5.スクールでランディングページについて教わる。
ランディングページについての例文になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ランディングページの会話例

  • 質問者アイコン

    今度採用のランディングページの作成を依頼しようと思うんだけどどうかな?

  • 回答者アイコン

    ランディングページってどんな意味があるの?

  • 質問者アイコン

    採用のみの特設のページみたいなものだよ、ランディングページは、1つのコンバージョンに絞ったWebページのことだよ。

  • 回答者アイコン

    それでいい人材が集まるのであればぜひやった方がいいね。

採用のランディングページについて会話をしている会社員の様子です。

ランディングページの類義語

「ランディングページ」の類義語はありませんが、関連語として、「Webページ」、「コンバージョン」などがあります。

ランディングページまとめ

ランディングページはLPとも呼ばれる、一つのコンバージョンのみに絞ったWebページのことでした。特に通販サイトではランディングページを用いられているものも多いので、サイトを見る時は意識して見てみると良いと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事