ラックレート(Rack Rate)

「ラックレート」とは「ホテル宿泊の判断材料となる『正規客室料金』」です。ホテルを利用する際に重視するポイントは色々ありますが、やはり庶民にとっては価格が第一ではないでしょうか? でも、一概に安すぎる部屋も不安なので、普段は高い部屋が条件付きで安いとお得感が増しますよね。そんな時に便利な判断材料となる正規の宿泊料金が「ラックレート」です。

[adstext]
[ads]

ラックレートの意味とは

「ラックレート」の意味は以下の通りとなります。
 (1)英語表記「rack rate」の直訳で「規定の宿泊料金」や「割引前宿泊料金」などの事。
 (2)ホテル業界の専門用語で、客室料金の定価や正規料金の事。
「ラックレート」はホテル業界の専門用語で「正規の宿泊料金」です。ですからそのホテルが公式サイトやパンフレットなどに明記してある正規価格が「ラックレート」になります。この価格は云わばホテルのブランド価値やランクなどを表しているので、例えば都心の一等地の高級ホテルなら当然のように「ラックレート」は高くなりますし、繁華街などのビジネスホテルやカプセルホテルなどは逆に低くなります。また、リゾート地も同様に高級ホテルの宿泊料金は高いですが、シーズンオフやホテル予約サイトなどを利用した割引価格もあるのでパンフレットなどで提示される「ラックレート」が絶対ではなく、状況に応じて安くなる事も多々あります。ホテルの宿泊価格とはランクを表しているので、基本的には高いほど広い部屋が提供されたり高級サービスがついて来ますが、ネットを使って閑散期などを利用すれば割安で泊まれます。そして国内ホテルなら「ラックレート」が低くてもきちんと清掃などが行き届いていますが、海外ホテルの場合は清潔とはいえない場合もあるので、そんな時のホテルランクを判断する目安として信頼に値する情報ともなります。

ラックレートの由来

「ラックレート」の由来は一説によると、昔は宿泊料金が明記されたパンフレットは棚である「ラック」の中に仕舞っていた事から名付けられました。

ラックレートの文章・例文

例文1.大阪への家族旅行を計画したが、ラックレートの高さに驚き車中泊をする事にした。
例文2.高級ホテルを日々利用するような成金はラックレートなどは正直なところ全く気にしていないだろう。
例文3.ラックレートには無頓着だが為替の相場師として、米ドル円のレートには目を光らせている。
例文4.閑散期を狙えば本来ならラックレートの高い高級ホテルもかなりの割安で泊まれてお得である。
例文5.保守系議員は「国の為に!」とラックレートが平均よりも高い超一流ホテルで脱税目的な政治資金パーティーを開催するが、来場者のほぼ全員が浮かぬ顔なのも全く気付かないで本人だけは大金を稼いだと大喜びなのだから、ここまで人の気持ちが理解できず間抜けで恥知らずなのはクスリ遊びで意識がぶっ飛んだジャンキーと感覚的には近く、残念ながら国政を携わる器量はない。
「ラックレート」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ラックレートの会話例

  • 質問者アイコン

    また駅前に…。

  • 回答者アイコン

    タワマンと高級ホテルができるみたいね。

  • 質問者アイコン

    いいんだけどさ…。それは生活が便利になるし、人も増えて賑やかになって…、でも、もうそれしか頭にないのかよって思わない?

  • 回答者アイコン

    役所は右へ倣えだから、他所がラックレートの高い高級ホテルを建設したら、うちのエリアも誘致しないとお終いだーって強迫観念にとらわれるのよ。前の担当者より劣ると見られたくない一心というのが蔓延しているから、タワマンとホテルに税金を流し続けて、申請許可に力を使った政治家の団体には献金という名の大金が動くのよね。それでも国民は不満がなく年寄りは議員を神や先生と呼んで絶賛するんだから。

「ラックレート」が高い高級ホテルの建設についての会話となります。

ラックレートの類義語

「ラックレート」の類義語には「ホテル料金」「部屋料金」「宿泊費」「旅館代」「客室料金」「宿泊料」「適正価格」「正規料金」「希望価格」「プロパー価格」などの言葉が挙げられます。

ラックレートの対義語

「ラックレート」の対義語には「割引料金」「特別価格」「団体割引料金」「早割料金」「ネット割価格」「安価」「低価格」「時価」などの言葉が挙げられます。

ラックレートまとめ

以上がホテル業界において正規の宿泊料金である「ラックレート」の解説でした。パンフレットなどに記載されるそのホテルに泊まる公式価格といった意味合いが強く、同時にネットなどを利用して予約をすればお得な割引料金で泊まれるケースもあります。また、周辺のホテルと比較して「ラックレート」が高い方がランクも上だと判断出来る事から、お客側にとっては有意義な情報になっている面もあります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

Checkmateのサービスを紹介する広告です。
この記事を読んでいる人に人気の記事