ライドシェアで移動する男女

ライドシェア(ridesharing)

「ライドシェア」という言葉の意味をご存知でしょうか?日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、自動運転技術が開発されていく中で、海外ではUberが一気に広まって社会に根付いています。日本でも今後必ずや広がっていくシステムとなっていくでしょう。今回は「ライドシェア」について詳しく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

ライドシェアの意味とは

ライドシェアとは、ライド(乗ること)をシェア(共有)することで、ドライバーと移動したい人をマッチングさせるソーシャルサービスの総称のことで、ライドシェアリングとも呼ばれます。

ライドシェアの由来

目的地が同じ自動車の空いている席を活用して、他者とガソリン代や高速代などを負担し合うことで交通費が節約でき、CO2削減や、交通環境の改善になるため行政でライドシェアを推奨する国もあります。日本でも2007年に初めてライドシェア仲介サイトが開設されて以降、類似のサービスが登場して認知度が高まっています。
しかし日本では、一般的な乗用車が乗客からお金を受け取ることは禁止されているため非営利サービスに限られています。ライドシェアを提供している企業は、”Uber(アメリカ)”、”滴滴出行(中国)”、”Grab(シンガポール)”など世界中にありますが、ライドシェアの普及により顧客を奪われてしまうタクシー運転手からは、世界各地で反発が起きています。これにより各国政府では、法整備などを進めているようです。その他にも、ライドシェアには、ドライバーによる強盗や殺人、女性被害、飲酒運転や薬物、運転技術など様々な問題があります。これらに対する安全対策をしっかりと整えて、利用者の信頼も得ることも課題となっています。

ライドシェアの文章・例文

例文1.目的地が同じなのでライドシェアしていただけませんか。
例文2.お金を節約するならばライドシェアで移動するべきだ。
例文3.ライドシェアでは安全は保証できない。
例文4.ライドシェアは色々な出会いがあって楽しい。
例文5.ライドシェアというボランティアをしている。
ライドシェアがサービスとして広がっていく中で利権の問題や、安全管理の問題も当面はついて回っていくのではないでしょうか。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ライドシェアの会話例

  • 質問者アイコン

    ライドシェアで富士山まで同乗させてくれてありがとうございました。

  • 回答者アイコン

    こちらも色々とお話ができて楽しかったです。

  • 質問者アイコン

    ガソリン代と高速代をお渡しします。

  • 回答者アイコン

    目的地が同じだったのでいりません。気持ちだけ受け取ります。

ライドシェアで富士山まで一緒に行った2人の会話となっています。

ライドシェアの類義語

「ライドシェア」と関連する言葉には「カープール」「バンプール」「カジュアルプール」「白タク」などがあります。

ライドシェアまとめ

今回は「ライドシェア」について詳しくご紹介しました。日本でもライドシェアが普及すれば移動も増えて楽になるかと思いますが、事件や事故などが多発するリスクもあり、法整備も追いついていないのが現状です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事