ユニバーサルデザインを表す絵

ユニバーサルデザイン(Universal design)

今回は「ユニバーサルデザイン」という言葉について解説します。近年再び注目されている言葉ですが、実は30年以上も前からある言葉です。意味を勘違いしている人も意外と多いので正しい意味を理解しましょう。

[adstext]
[ads]

ユニバーサルデザインの意味とは

ユニバーサルデザインとは、能力や年齢など関係なくどんな人にでも使いやすく設計されたもの・またはその概念のことを指す言葉です。
バリアフリーは障害者や老人などの身体的にハンデのある人に向けて使われる言葉ですので、意味合いが変わります。
英語で「Universal design」と表記します。

ユニバーサルデザインの由来

ユニバーサルデザインは、1985年ごろに米ノースカロライナ州立大学のロナルド・メイスにより提唱されました。
「Universal」は汎用的という意味を持ちますので、汎用的なデザインという意味になります。

ユニバーサルデザインの文章・例文

例文1.誰でもトイレは身近なユニバーサルデザインといえる
例文2.バリアフリーはユニバーサルデザイン一面に過ぎない
例文3.ユニバーサルデザインの概念をもって商品を開発することはとても大切だ
例文4.ユニバーサルデザインの一環として多機能トイレを設置する
例文5.ユニバーサルデザインになっているかを検討する
ユニバーサルデザインの考え方は、多種多様化する世の中では欠かせない考え方です。日本では1997年に、優れたユニバーサルデザインに贈られるグッドデザイン賞というものが設置され注目を集めました。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ユニバーサルデザインの会話例

  • 質問者アイコン

    最近便利な世の中になっているよね

  • 回答者アイコン

    確かにね!いきなりどうしたの?

  • 質問者アイコン

    最近新人の教育を任されているんだけど、昔は専門的な知識を身につけないとできなかった事が新人が簡単にできるようになっててさ。

  • 回答者アイコン

    確かにそういうことが増えた気がするね。ユニバーサルデザインのおかげだね。

ユニバーサルデザインには、「公平性」「柔軟性「利便性」「簡易性」などが重要視されています。

ユニバーサルデザインの類義語

ユニバーサルデザインの類義語としては、「バリアフリー」「障壁を取り除く」などがあげられます。

ユニバーサルデザインまとめ

ユニバーサルデザインを「バリアフリー」と同じ意味だと思っている人も多かったのではないでしょうか。バリアフリーでは足りないと考えた人が考案したのがこのユニバーサルデザインという考え方なのです。誰にでも簡単にどんな時にも使えるデザインを提供するというのはとても素晴らしい考え方ですよね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事