メガ火災の様子

メガ火災(めがかさい)

2019年オーストラリアの山火事の報道から半年経ってもまだ火が消しきれず続いています。12月はじめよりシドニー北郊にてメガ火災(メガファイヤ)が発生しているとニュースで取り上げられ、年が明けて間も無く再度メガ火災による大きな被害がメディアで報道されました。
メガ火災と火災ではどう違うのか解説していきます。

メガ火災の意味

火災による火が風などによって燃え広がり、複数箇所の火災と合流して大きな火災となり制御ができないほど大きくなっていることを意味しています。
オーストラリアのように草や木が多く乾燥している場所での森林火災は燃え広がりやすく消火活動が間に合わずかなりの被害が出てしまいます。

メガ火災の由来

メガは「巨大な」という意味になりますので、メガ火災は普通の火災よりもより大きい火災を指すことになります。

メガ火災の文章・例文

例文1.今朝ニュースで森林でのメガ火災が発生していると報道された
例文2.メガ火災による被害で絶滅の危機にあっている動物が増えてしまった
例文3.今回のメガ火災によって動物を保護したり安全地帯に逃す活動をする人が多く見られた
例文4.小さな森林火災が他の火災地と合流してあっという間に消火活動が間に合わないほどのメガ火災に発展してしまった
例文5.メガ火災の被害は甚大で動物だけでなく人の生活や生死にも関わっている
メガ火災という言葉を使った例文はこのようになります。

メガ火災の会話例

  • 質問者アイコン

    今朝のオーストラリアのニュース見た?

  • 回答者アイコン

    見たよ、まだ消火できてないんだってね
    いろんなところで起きた火災が集まってメガ火災っていうのになっちゃったみたいだね

  • 質問者アイコン

    そうそう、映像見たけど本当に画面いっぱいに火が出ててすごかったよ

  • 回答者アイコン

    動物たちも逃げられなくてかわいそう、早く消火できるといいのにね

メガ火災の被害を心配する会話となります。

メガ火災の類義語

別の言い方で「メガファイヤー」と言われることもあります。
メガの類義語に「並外れた」や「特大の」「超ど級の」などが挙げられています。

メガ火災まとめ

今話題になっているメガ火災がどれほどの規模のものなのかわかっていただけたでしょうか。こうなるとなかなか鎮火するのに時間がかかり、被害も甚大になってしまいます。こうならないために森林に限らず火の不始末や電気トラブルなどを起こさないように点検、注意が必要となります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事