マネタイズ

マネタイズは、ネットビジネスを行っている人、及び、これから始めようと思っている人には欠かせないキーワードだと言えるでしょう。

マネタイズの意味とは

マネタイズとは、無料で利用できるネットサービスを提供し、それによって収益を上げるネットビジネスモデルです。
こう聞いただけではイメージが浮かばないかも知れませんが、いわゆるアフィリエイト(広告報酬型)サイトがその最たる例として挙げられます。

アフィリエイトサイトにも種類があり、大きく分けて、そのサイトへのサクセスによって、ページ内に貼ってある広告バナーが表示された(見てもらった)ことで収益になる閲覧型、それらのバナーがクリックされた場合に収入になる訪問型、そのバナーを通して最終的に商品が売れたり、契約が成立して初めて収入になる成果型の3種類に分かれます。
このうち、前者2つはマネタイズの典型的なビジネスモデルです。その手のページを見たり、広告バナーをクリックしても、一切お金は掛かりません。ですが、それによってページの提供元は収入になるという訳です。
他にも、無料で発行するメールマガジンに広告を載せることで、その広告元から収入を得たり、無料で閲覧できる動画に広告を付けて収入を得ているYouTuberも、このマネタイズの1つです。

マネタイズの由来

マネタイズという言葉の由来は、英語で”収益化”という意味のあるmonetize=マネタイズからです。
英語ではそのまま、何かを収益化する意味で使う言葉ですが、日本では意訳を含んで、”無料サービスによって収益を出す”という意味で使っています。

マネタイズの文章・例文

例文1.マネタイズならランキングサイトが一番だよ
例文2.新たなマネタイズになるサイトが作れないか模索している
例文3.マネタイズのサイトを3つ持っているが、そのうちの1つが今ひとつだ
例文4.マネタイズでは、いかにアクセスを稼ぐかが一番のポイントになる
例文5.そのアイデアをマネタイズにするのは難しいと思う
マネタイズには色々ありますが、利用者側が無料で利用できるサービスとなると、おのずと種類が限られてしまうのも事実です。

マネタイズの類義語

マネタイズの類義語は、「フリーミアム」という言葉です。このフリーミアムとは、基本的なサービスは無料で提供し、それ以上の内容を求めるなら追加料金(課金)が必要だという仕組みのビジネスモデルのことです。
この一番いい例は、基本プレイが無料の各種のスマホゲームです。そのようなゲームもマネタイズに含んでカテゴライズされることがありますが、完全に無料でプレイできる(時折表示される広告による収入などで成り立っている)ゲームでないと、マネタイズとは異なると判断するのが一般的です。

マネタイズまとめ

マネタイズは、ネットの黎明期には”広告”に目を付けた画期的なビジネスモデルだと評されていましたが、現在ではネットビジネスの1つの形態として、ごく普通に確立しています。アイデア的にはさすがに煮詰まっている感がありますが、新たなサービスの登場にも期待したいところです。

この記事を読んでいる人に人気の記事