マインドフルネス(Mindfulness)

「マインドフルネス」とは「仏教的な瞑想と西欧科学と合わせた精神的なリラックスで、短時間で心を落ち着かせる瞑想によって仕事の集中力を上げる事」です。簡単に言えば、瞑想=「マインドフルネス」なのですが、これを仏教の寺院などでしても誰も「マインドフルネス」とは呼びません。ですから、職場などで実践したり、或いは日頃は宗教的な事に無関心な若者などが精神ケアとして行うのを「マインドフルネス」と呼ぶのが正しいようです。最近は社員研修や新人教育などで大企業が導入するほど注目を集める「マインドフルネス」の解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

マインドフルネスの意味とは

「マインドフルネス」の意味は以下の通りとなります。
(1)直訳すると「注意深さ」だが、現代用語として自身の精神状態に意識を向ける瞑想の事。
(2)ストレス発散やリラックス効果が期待される両目を瞑る瞑想で、心理学やビジネス用語としても注目をされる雑念を払い、今この瞬間に意識を向けて心を落ち着かせる作業。
「マインドフルネス」の英語表記「mindfulness」を直訳すると「注意深さ」「気遣い」「心配り」ですが、現在はビジネス用語や心理学として「心の落ち着き」「瞑想」として注目を集めています。イライラしていたり心が乱れていると、部下や家族などに八つ当たりをしたりと仕事や作業の効率が悪くなります。それを払拭するのが「マインドフルネス」という名の「瞑想」で、今では世界的な大企業であるAppleやGoogleなどが社員教育として導入し注目を集めています。両目を瞑り、自分自身の精神世界に意識を集中させると、ストレスが発散したり或いは問題解決の糸口が見つかったりするのです。もうお気付きでしょうが、このような精神面の探究は仏教的な概念であり、瞑想や写経や座禅などをするのに非常に近いものがあります。そもそも欧米にはこのような心を落ち着かせる考えは浸透しておらず、だからこそ新鮮でIT企業などに受け入れられ、それが逆輸入として日本に入って瞑想を「マインドフルネス」と呼んで若者などを中心に広まっています。現代はデジタル社会となり常にスマホやSNSの世界が隣合わせで、便利な反面でストレスを抱えている人も大勢います。皮肉な事に若いデジタル世代ほど最もアナログ的な手法である瞑想の「マインドフルネス」に助けを求め、心のバランスを取り戻そうとしているのです。その結果、心が落ち着き集中力が高まってアイディアが豊かになり、また素晴らしいデジタル機器を開発し、そのお陰でストレスが溜まり「マインドフルネス」に頼るという「メビウスの輪」の状態に陥っています。

マインドフルネスの由来

「マインドフルネス」は1979年にマサチューセッツ大学医学大学院教授・ジョン・カバット・ジン氏が仏教の修行や教理と西洋医学の良い部分を合わせて編み出し、後に「マインドフルネス瞑想」となりました。

マインドフルネスの文章・例文

例文1.寝る前に心を落ち着かせようと、養命酒を1杯飲むのが自己流マインドフルネスだったが、その内に1杯では寝られずウイスキーや焼酎など酒量がどんどん増えて今では吐くまで飲んでトイレで寝るのが習慣だ。
例文2.好待遇な大企業はさらにマインドフルネスという名の睡眠タイムまで導入して社員を気遣い、これでは奴隷のように扱う中小企業との待遇差はますます激しくなり、大企業に入社できなければ人生終わりと悲観する若者がさらに増えて経済は停滞する一方だ。
例文3.我が社は週に一度マインドフルネス瞑想を職場で実践するが、その後に営業成績不振者を罵倒・嘲笑する無能社員激励イベントも開催され、上層部は一体何を考えているのか理解できない。
例文4.今日も我が家の猫はマインドフルネスをした後は、腹が減って鳴き声を上げて餌を催促し実に気楽なものだ。
例文5.今頃プーチンとその仲間たちもマインドフルネスで気分が快方され、西側諸国をナチスで悪の大国と決め付ける結論に至ったのだろう。
瞑想である「マインドフルネス」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

マインドフルネスの会話例

  • 質問者アイコン

    今日は会社に行きたくないなー。

  • 回答者アイコン

    最近はずっと残業ばっかりだったしね。今日ぐらいはサボってもいいんじゃない?

  • 質問者アイコン

    それがダメなんだよ。一日休むとそれだけ遅れるし、能力がないと見做されて、マインドフルネスルームと呼ばれる閑職部署に左遷されるから…。

  • 回答者アイコン

    エリートも大変なのね。それこそマインドフルネスで十分リラックスしないと精神ダメージに襲われるじゃない。

仕事をぼやく夫とフォローする妻の会話です。

マインドフルネスの類義語

「マインドフルネス」の類義語には、「ヨガ」「瞑想」「心理療法」「精神ケア」「コーチング」「物思いに耽る」「黙想」などの言葉が挙げられます。

マインドフルネスまとめ

「マインドフルネス」はストレス社会の現代だからこそ注目の精神ケアで、両目を瞑り静かに物事を考える瞑想の事です。正確には瞑想をさらに一般のビジネスマン向けに気軽にした感じで、職場や新人研修などでも使われ話題となっています。ストレス発散には心を落ち着かせリラックスするのが大事なので、それが仕事パフォーマンスにも良い影響を与えると注目されています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事