マインドセット(Mindset)

「マインドセット」とは「これまでの習慣や経験で培った無意識の思い込みや価値観」です。どんなに優秀でも移り変わりが早い現代では、固定観念に縛られていると大きな失敗をする事があります。逆に優秀とは言えなくても時代を読む力が優れていれば、大きく飛躍をする可能性を秘めています。要するに思考や考え方、物事に対する捉え方がいちばん大事なのでしょう。それでは現代らしいビジネス用語「マインドセット」の解説となります。

[adstext]
[ads]

マインドセットの意味とは

「マインドセット」の意味は以下の通りとなります。
(1)心理学やビジネス用語における無意識の思考や固定観念の思い込みなどの事。
(2)習慣や経験で培った無意識の思考や固定観念で「成長マインドセット」と「硬直マインドセット」に分類される。
「マインドセット」は英語表記「mindset」で直訳すると「考え方」「思考態度」で、”マインド”は「心」「精神」「意識」「知性」「知性や精神が正常な状態」、”セット”は「置く」「配置」「位置」となります。昔からある一般的な英単語とも受け取れますが、近年はビジネス用語や企業の人材育成として研修などでも注目を集める言葉になっています。簡単に言うなら「経験から得た思考」となりこれは良くも悪くも受け取れるので、そこから「成長マインドセット」と「硬直(停滞)マインドセット」に分類されます。例えば、成功経験がポジティブに作用すれば、さらに向上すると努力を積み重ねられるので「成長マインドセット」となり、逆に過去から失敗が多かったり努力が無駄となれば「硬直マインドセット」に傾きます。もちろん失敗が多くても、生まれ付き備わる前向きな性格や価値観が植え付けられているなら「成長マインドセット」で、逆も然りです。企業としては如何にして人材を「成長マインドセット」にするかがポイントで、その為には過去の経験や思考などをポジティブなものに変える必要があり、だからこそ社員研修やミーティングなどが頻繁に行われています。

マインドセットの由来

「マインドセット」は女性アメリカ人の心理学者・キャロル・ドウェック氏が提唱した概念で、マイクロソフトの創業者・ビルゲイツ氏が2015年に読んだお薦め本として紹介した事から注目をされ始めました。

マインドセットの文章・例文

例文1.平日は何も考えずに仕事をして休日は興奮を求めてギャンブルをする生活を続けてきたが、マインドセットの概念に感銘を受けてこれからは平日もオンラインカジノで人生を変える勝負を全力ですると誓った。
例文2.マインドセットを今の令和世代に強く訴えても心に響くものはないと思うが、それを口に出したらハラスメントで訴えられるので黙っている。
例文3.旅行に行ったり気分転換をすると、マインドセットを成長型に変えられるようになる。
例文4.最強メンタルを作るには、固定観念を捨てて新しいマインドセットを見に付けるしかない。
例文5.人材育成のマインドセットが企業には求められている。
思考や思い込みといった意味で「マインドセット」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

マインドセットの会話例

  • 質問者アイコン

    俺はもうダメだ。もう消えてしまいたい。

  • 回答者アイコン

    一体どうしたの?

  • 質問者アイコン

    仕事ではミスばかり…、馴染みのお店には出禁、片思いの相手にはフラれて、頼みの綱である保有株も連日爆下げで大損の塩漬け状態…。もうダメだ…。

  • 回答者アイコン

    少しマインドセットを変える必要があるわね。今は運気が最悪な時期なのよ…。そうだ今度、私が懇意にしている偉い先生に一緒に会いにいきましょうよ。絶対に気持ちが落ち着くから。

人生に悲観している男性に知人女性が励ましのアドバイスをしています。

マインドセットの類義語

「マインドセット」の類義語には、「マインドコントロール」「ビジネスマインド」「心構え」「精神」「思索」などの言葉が挙げられます。

マインドセットの対義語

「マインドセット」の対義語には、「行動」「行為」「感情」などの言葉が挙げられます。

マインドセットまとめ

「マインドセット」は「無意識の思い込み」となり、これまでの経験や思い込みや価値観などが与える影響の事です。精神世界を象徴する言葉ではなく、実はビジネス用語として近年注目を集め、社員研修や企業の将来戦略などで用いられます。これは新しい価値観を生み出す発想の柔軟さには、過去の経験などを覆すポジティブな思考となる「マインドセット」が求められるのです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事