マイノリティを認める社会

マイノリティ(minority)

たくさんの国や文化があり、人種や宗教も様々で、また考え方や身体的な特徴も人それぞれです。そのような社会で、これまでは何かを決める時には大抵の場合、多数派の意見が採用されてきました。しかし今、改めて見直され注目されるようになったのが、この「マイノリティ」という言葉です。では、その意味や使い方を解説していきます。

マイノリティの意味とは

英語表記では「minority」と書き、これは形容詞「minor(大きさや量がより小さい)」の名詞形となります。これは相対的な意味で「社会的少数派」の立場にある者やその集団を指して使われますが、数が少ない=意見が弱いということから「弱者」という意味合いで使われる事もあります。

マイノリティの由来

欧米の「マイノリティーグループ(minority group)」の考え方を輸入したものですが、日本では単に「マイノリティ」と呼ばれています。元はアメリカの黒人による公民権運動の一環で生まれた言葉で、主流派の権威を認めたうえで少数派を尊重し保護しようという考え方と、同じ国民である以上は出身地や宗教などが異なっていても同等に扱おうという考え方ががあります。

マイノリティの文章・例文

例文1.インクルーシブデザインというデザイン手法では、マイノリティな人々の協力が必要不可欠である
例文2.母国に住むのと違い、海外ではマイノリティな存在になるのでその土地の文化に合わせて生活をする必要がある
例文3.ダイバーシティという考え方によって、マイノリティな意見も尊重されるような社会に近づいている
例文4.日本では海外に比べLGBTなどのセクシャル・マイノリティの理解が進んでいないという現状がある
例文5.自動改札機は右利きの人が使いやすい設計なので、マイノリティな左利きの私には不便だ
「実際の数の少なさ」というよりも「相対的に少数派」という意味なので、例えば100万人という沢山の人の意見でも、1億人の中では相対的には「マイノリティな意見」という捉え方をされます。また「マイノリティオピニオン(少数派の意見)」というように、形容詞として他の語と組み合わせて使われる場合も多くあります。。

マイノリティの類義語

類義語には「少数党、非主流派、マイナー、異端、異色、異邦人、アウトサイダー、小勢」など、他の語と組み合わせた言葉では「サイレント・マイノリティ、セクシャル・マイノリティ」などが挙げられます。対義語は「マジョリティ=多数派」です。

マイノリティまとめ

これまで多数派の意見に沿って作られてきた社会は今、多様性を認め、様々な意見を積極的に取り入れようといった方針に移行し始めています。そんなこれからの時代において大きなキーワードの一つとなるのがこの「マイノリティ」ですので、ぜひ正しい意味を理解して活用してください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事