ボッチャは3色のボールを使う

ボッチャ(Boccia)

パラリンピックの競技の一つに「ボッチャ」というものがあるのをご存知でしょうか。音だけ聞くと水の中に何かを落としたそうな感じですがそうではありません。さてこれから東京で行われるオリンピックパラリンピックで期待の高まる数多くの競技の中から「ボッチャ」とは何か解説していきます。

[adstext]
[ads]

ボッチャの意味

「ジャックボール」という白いボールを投げ、その後に赤いボールと青いボールを交互に投げたり転がしたりして、ジャックボールにどれだけ多くのボールを近づけることができるか競うゲームになります。
男女の区別はなく、障がいの程度や内容によってBC1~BC4の4クラスに分けられ、足で蹴ったり転がす道具を使ったりと障がいの程度に合わせたアレンジルールが適用されています。ボッチャは1対1、2対2、3対3があります。

ボッチャの由来

ボッチャとはイタリア語で「ボール」を意味する言葉になります。
古代ギリシャの球投げが起源とされ6世紀頃にイタリアで競技としての考案され、20世紀に入ってから四肢麻痺や脳原生疾患などの重い障がいのある方のためにルールや内容の整備がされた球技になります。
ルールがカーリングに似ているため「地上のカーリング」と呼ばれています。

ボッチャの文章・例文

例文1.私の父はボッチャの代表選手だ
例文2.祖父の入所している介護施設のアクティビティでボッチャをやったそうで楽しかったと笑っていた
例文3.ボッチャは戦略性が高く一発逆転ということもあるから見ていて楽しい
例文4.あまり知らなかったが面白そうなので今年はパラリンピックのボッチャを見てみようと思う
例文5.学校でボッチャを体験する機会があったがなかなか面白かった
ボッチャは車椅子や重度の障がいを持つ方でも参加できるものなのでリハビリとして行ったり介護施設のアクティビティにも取り入れることができる球技になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ボッチャの会話例

  • 質問者アイコン

    僕の働いてる介護施設でボッチャを試しにやってみたんだけど、車椅子の人も麻痺がある人も楽しそうにやっていてなかなか白熱した試合ができたんだよ

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。ボッチャってパラリンピックのやつよね?介護施設のアクティビティって元気な人しかできないイメージだったけど、違うのね

  • 質問者アイコン

    うん。普段は参加できない人たちも楽しそうにやってくれたから、提案してみてよかったと思う!

  • 回答者アイコン

    ちょっとどんなのか気になってきちゃった。パラリンピックとかあんまり気にしてなかったけど、今年は見てみようかな

ボッチャを用いた会話の例になります。

ボッチャの類義語

ボッチャは「地上のカーリング」と呼ばれることもあります。

ボッチャまとめ

いかがでしたでしょうか、あまり文章だけではイメージがつきにくいかもしれません。ルールなどもっと詳しく書いているサイトや動画などもありますので是非見てみてはいかがでしょうか。また、これを機に施設などでも取り入れてみたり、2020パラリンピックの試合観戦をしてみてはいかがでしょうか。脳や身体に障がいがでても、こうして工夫次第でなんでもできるのだと思えば勇気が出る方は多くいるかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事