ボジョレーヌーボー(Beaujolais nouveau)

「ボジョレーヌーボー」とは「毎年11月の第3木曜日が世界同時解禁日となるフランス産の新酒赤ワインの総称」です。今やワインの顔であり代名詞となっているのが「ボジョレーヌーボー」で、普段はあまり飲まない人でも解禁日を楽しみに待ち構えている人も多いようです。それぐらいワインと言えば「ボジョレーヌーボー」とすっかり定着をしていますが、詳細については知らない人も多いようなので詳しく解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

ボジョレーヌーボーの意味とは

「ボジョレーヌーボー」の意味は以下の通りとなります。
(1)フランス中東部に位置するワイン産地・ボジョレー地区で収穫されたブドウを原材料とする新酒赤ワインの呼び名であり総称で、毎年11月の第3木曜日が世界同時解禁日と決まっているので世界各地で愛好家がお祭感覚で楽しみにして恒例行事で盛り上がっている。
(2)「ボージョレヌーボー」「ボージョレヌーヴォ」なども同義。
”ボジョレー”は「フランス・ブルゴーニュ地方ボジョレー地区」、”ヌーボー”は「新しいもの」で、フランス語の「ボジョレーヌーボー」(Beaujolais nouveau)を直訳すると「ボジョレ―地区の新しいもの」ですが、現在はボジョレ―地区の新ワインの総称として「ボジョレーヌーボー」が世界中で定着しています。毎年11月の第3木曜日が世界同時解禁日で、特に日本は時差の関係で世界中で最も早く飲める事から、午前0時の解禁に合わせて皆で「ボジョレーヌーボー」を楽しむイベントが飲食店などでワイン愛好家を集めて行われています。新鮮なブドウが原材料となるので通常のワインよりもより果実が感じられ、渋味が少ない事からワインが苦手な人でも美味しく感じるのが特徴です。「ボジョレーヌーボー」は新ワインの総称なので様々な種類があり、等級によってスタンダードな低価格なものから高価格な高級品まで分類されています。
・クリュ…特定畑のブドウを使用し最高級ランクに位置するボジョレーヌーボー
・ヴィラージュ…特定村のブドウを使用しクリュに次ぐ高級品
・シュペリュール…特定地区のブドウを使用しヴィラージュの下のランクになる
・無記名…ボジョレ地区のブドウを使用した最もスタンダードで一般的なボジョレーヌーボー
これらのランクによって様々な種類があるので、要するに一言で「ボジョレーヌーボー」と言っても実はピンキリなのです。大型スーパーで特売のように販売されているのは、大抵は激安な無記名かシュペリュールな商品で、高級レストランで富裕層が飲むのはクリュやヴィラージュとなります。

ボジョレーヌーボーの由来

ワインの歴史は古代まで遡りますが、「ボジョレーヌーボー」を誕生させ日本にも普及させたのはワイン商ジョルジュ・デュブッフ社の創業者であるジョルジュ・デュブッフ氏です。彼は1967年にボジョレー地区のワインを世界中に広めようと解禁日をイベント化し「ボジョレーヌーボー」としてヒットに成功させ現在に至ります。

ボジョレーヌーボーの文章・例文

例文1.夫婦共に下戸だがボジョレーヌーボーだけは平気で何杯も飲めるのだから不思議だ。
例文2.日頃はスルメをつまみに焼酎の梅割りしか飲まないのに、ボジョレーヌーボーだけは解禁日を心待ちにする祖父と俺。
例文3.芸能人は数十万もするボジョレーヌーボーの高級品をクラブで飲んでは騒いでストレス発散をしていると思うと、庶民とあまりにもかけ離れた生活レベルにあ然とする。
例文4.ボジョレーヌーボーの解禁日はニュースでも取り上げるほど盛り上がりを見せる。
例文5.本心としてはボジョレーヌーボーよりもビールの方が美味く、ビールよりも養命酒の方が体には良く、養命酒よりも鬼ころしの方が独り身には沁みる。
フランスの赤ワイン「ボジョレーヌーボー」の例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ボジョレーヌーボーの会話例

  • 質問者アイコン

    はい。これはお土産!

  • 回答者アイコン

    ボジョレーヌーボーじゃない。どうしたの? ありがとう。でも、昨日の事覚えてないんだね?

  • 質問者アイコン

    え、何が?

  • 回答者アイコン

    だって、昨日も一緒にボジョレーヌーボーをたらふく飲んだでしょう。覚えていないの? 飲みすぎたから記憶が吹き飛んでいるのよ。だから、また同じボジョレを買ってくるんだよ。

前日に「ボジョレーヌーボー」を飲みすぎた夫婦の会話内容です。

ボジョレーヌーボーの類義語

「ボジョレーヌーボー」の類義語には、「ボジョレーワイン」「輸入ワイン」「海外ワイン」などの言葉が挙げられます。

ボジョレーヌーボーの対義語

「ボジョレーヌーボー」の対義語はありませんが、強いていうなら「ボジョレーヌーボー」を海外ワインとして「国産ワイン」「日本ワイン」などの言葉が挙げられます。

ボジョレーヌーボーまとめ

「ボジョレーヌーボー」はフランスのボジョレー地区で造られた新酒の赤ワイン全般に対する総称で、毎年11月に解禁されるのでその日は世界各地で歓迎イベントが開かれワイン好きで大いに盛り上がります。また、高級品からリーズナブルな価格の「ボジョレーヌーボー」があり、新鮮なブドウを材料としているのでフルーティーで飲みやすいのも特徴です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事