ヘイトスピーチを撲滅する

ヘイトスピーチ(hate speech)

世界各地で国籍や人種や性を差別するデモ運動が残念ながら行われています。そのような差別的なデモ運動をする際によく聞かれる言葉にヘイトスピーチがあります。
みなさんも新聞やテレビやインターネットのメディアを通して、ヘイトスピーチという言葉をお聞きになったことがあるのではないでしょうか。
現代では良く聞く言葉のひとつになってしまったヘイトスピーチの意味や由来を見ていきましょう。

ヘイトスピーチの意味とは

ヘイトスピーチは、特定の人物や集団を対象にした憎悪を過激に表現した言動のことを指します。
ヘイトスピーチの対象は、人種・国・宗教・性別・性的嗜好・容姿・病気・障害など自分自身で変えることが困難な属性を持つものを対象に行われることが多くあります。また、そのときに投げかけられる言動は差別的・攻撃的で侮辱を多く含んだ言動が目立ちます。
直接的に人物・集団に言動を行わなくても、街頭のビラを始めテレビやインターネットなどのメディアによる憎悪感情をあおると思われる表現もヘイトスピーチに該当し得ます。

ヘイトスピーチの由来

ヘイトスピーチとは「hate speech」という英語が語源の言葉で、日本語では差別的憎悪表現などと訳されます。
ヘイトスピーチという言葉が使われる以前、それと同じ意味の言葉として1920年代に「レイスヘイト」と呼ばれる言葉がアメリカで使われるようになりました。それが1940年代には「集団への名誉棄損」と言葉を変え、ヘイトスピーチと呼ばれはじめたのは1980年以降と言われています。

ヘイトスピーチの文章・例文

例文1.ヘイトスピーチという差別的言動があることをニュースで知った
例文2.ヘイトスピーチで苦しめられている人たちがいる
例文3.ヘイトスピーチは言論の自由と密接に関わりがある
例文4.ヘイトスピーチは法律で裁けない場合もある
例文5.ヘイトスピーチをなくすのは一人一人の心がけ次第だ
ヘイトスピーチとは、差別的な言動であり、人を苦しめる良くない行為の名称として使われています。昨今はマスコミなどを通じて、ヘイトスピーチという言葉を知っている人も多くなってきました。
ヘイトスピーチは、国籍や性別や病気など個人の変え難い部分を差別的に弾圧する行為であり、それにより多くの人たちが悩み苦しんでいます。一方、法律と照らし合わせた際に、言論の自由に抵触する可能性があるためヘイトスピーチを犯罪として裁くことが困難な場合もあります。ヘ一部の人たちを苦しめ、時には平和を乱すリスクを含んでおり、そういった事がない社会を築くためには、一人一人が良くないことだと認識することが大切です。

ヘイトスピーチの類義語

ヘイトスピーチの類義語としては「差別的憎悪表現」「憎悪宣伝」「差別的表現」「差別言論」「差別扇動」「差別煽動表現」などが挙げられます。

ヘイトスピーチまとめ

世界のニュースを見ていると、さまざまな国に紛争や対立があることが伺えます。
特定の属性を持つ人や集団を差別し過激な言動や表現で非難するヘイトスピーチは、その一つの現れと捉えることができます。
ヘイトスピーチなのかそうでないのかは人によってさまざまであり、また、言論の自由も守られなければいけないため、ヘイトスピーチの線引きはとてもデリケートです。そういった意味ではいじめや嫌がらせと同じく、ヘイトスピーチを受けている人にしかわからない辛さもあるでしょう。
完全にヘイトスピーチをなくすということは難しいことです。しかし、そこであきらめず、一人一人が、ヘイトスピーチは人を苦しめる悪い行いであるということをしっかりと認識して生活を送ることが大切ではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事