プライオリティ

プライオリティという言葉は既にビジネスシーンではかなり前から定着をしていましたし、すでに使っている方もかなり多いのではないでしょうか。これから社会に出る学生の方や既に働いている方ですと、知らないと話が進まない事もありますから、しっかりと覚えておきましょう。

プライオリティの意味とは

プライオリティの英語での表記は「priority」となります。直訳すると、優先順位、優先権、先取りなどとなりますが、日本のビジネスシーンで使われているプライオリティは優先順位という意味で使われる事が多い様です。仕事の場合は重要度や緊急度合いを管理して業務進行する必要があり、その為のビジネスワードとして使われる言葉です。

プライオリティの由来

諸説ありますが、プライオリティは純粋な英語である為、使われ始めた経緯としては、仕事の大小や相手との関係性の中でマルチタスクをこなしていく必要があるケースで、上司が部下に対しての指示で「その仕事を後回しにしろ」とは言えない為、言葉を濁す意味で「その仕事はプライオリティ低いよ」という言い方で伝えるケースから派生して、多く使われているのではと言われています。

プライオリティの文章・例文

ここではプライオリティの実際の使われ方を確認しましょう。
例文1.仕事にはしっかりプライオリティを考えて取り組む
例文2.この案件はプライオリティ高めで対応してくれ
例文3.クレーム対応はファーストプライオリティである
例文4.交渉においてのプライオリティはうちにある
例文5.この会社にプライオリティを置いていく
1〜3のプライオリティは優先順位という意味で使われています。4と5は入札や交渉の事を差し、優先権や先取りの意味で使われています。プライオリティという言葉はシーンによって少し意味が異なるケースがありますので、注意が必要です

プライオリティ類義語

類義語は英語の為にありませんが、対義語としては「posteriority」が挙げられるでしょう。意味としては後に位置すること(物理的な意味で)を指します。
ドラッカーの有名な言葉で『大切なのは、優先事項を設定することではない。それは簡単だ。難しいのは、どの作業に取り組まないか後先事項を決めることである。』とありますが、この優先事項でプライオリティ「priority」、後先事項で「posteriority」が使われています。

プライオリティのまとめ

カタカナになっているビジネスワードの場合だと、皆が共通して知っている訳ではありません。相手が知らなければスムーズなコミュニケーションが難しくなりますので、相手をみて使っていく事がベターだと言えるでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事