ブーケ・トス(Bouquet toss)

「ブーケ・トス」とは「未婚女性にとって出席した結婚式の嬉しい演出で、花嫁が後ろ向きで投げたブーケを受け取ると結婚できると伝わるジンクス」です。結婚式や披露宴は新郎新婦が主役ですが、「ブーケ・トス」だけは受け取った未婚女性が主役となる瞬間です。ですから大事に思っている人も多いですし、ドラマや映画などでもよくあるシーンとなっています。

[adstext]
[ads]

ブーケ・トスの意味とは

「ブーケ・トス」の意味は以下の通りとなります。
(1)結婚披露宴で花嫁がウェディングブーケを未婚女性に投げるイベントや演出で、受け取った女性は次に結婚できると迷信めいたジンクスがある。
(2)「ブーケトス」も同義。
”ブーケ”は「花束」「芳香」「香水」、”トス”は「野球やバレー等のスポーツでボールを軽く投げ渡す」「サッカーやテニス等では試合開始前に自陣敵陣を決める行為」で、花嫁や未婚女性にとって結婚式の大事なイベントが「ブーケ・トス」です。日本の場合は主に西洋式の結婚式で花嫁がブーケを参列者に投げ、特別な決まり事がなくても未婚女性が受け取ると相場が決まっています。昔から未婚女性がブーケを受け取ると、次に結婚して幸せになると言われているので、披露宴では大事なイベントの一つとなっています。正式な形としては「ブーケ・トス」はイギリス発祥でキリスト教とも関係があるとされる行為なので、屋外の教会前で参列者が見守る中で花嫁が後ろ向きで「ブーケ・トス」をしますが、日本の場合は建物内でやる事も多く厳格なルールはなく、単純に未婚女性にも幸せになって欲しいと、新郎新婦からの気持ちのお返しという側面が大きいです。また、独身女性が多い場合は全員に「ミニブーケ」を贈るというケースもあります。花嫁だけでなく出席してくれた独身女性にも幸せになって欲しいという心遣いから、特に若いカップルの結婚式では定番となっています。

ブーケ・トスの由来

「ブーケ・トス」は14世紀のイギリスが発祥とされ、キリスト教式の結婚式では花嫁に花束を贈るので、そこから参列した未婚女性にも幸せになって欲しいとお返しとしてブーケを投げるようになったとされています。

ブーケ・トスの文章・例文

例文1.独身の姉はこれまで何度もブーケ・トスを受け取ったそうだが、結婚とはまったく縁がない事から「呪いのブーケを受け取った」と酒を飲んでは悪態をつく
例文2.コロナで結婚式も減少しているそうなのでブーケ・トスもやる機会を失い、これで幸せになる女性もさらに減るという悪循環になった。
例文3.男性版のブーケ・トスはブロッコリートスで、健康や子宝繁栄を願うそうだが、これはちょっと流石に無理があると思う。
例文4.花嫁の父親がプーチンなら参列者はネオナチだと、ブーケ・トスに手りゅう弾を入れて大量虐殺を狙いそうだ。
例文5.ブーケ・トスで女性陣が盛り上がる中、参列した独身男性はスマホでアニメやゲームを楽しんでいるのだから、これは結婚する人も減るのは当然だ。
「ブーケ・トス」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ブーケ・トスの会話例

  • 質問者アイコン

    俺達も結婚して3年が経ったのかー。ところで出席してくれた○○さんって、今はどうしているのかな?

  • 回答者アイコン

    彼女も結婚したわよ。だって、私のブーケ・トスを受け取ったんだから。

  • 質問者アイコン

    それは良かったよ。

  • 回答者アイコン

    ブーケ・トスって迷信だと思っていたけど、意外に当たるのよ。っていうか、受け取った方が結婚を意識して踏ん切りが付くっていうのかな。

夫婦による「ブーケ・トス」についての会話となります。

ブーケ・トスの類義語

「ブーケ・トス」の類義語には、「ガータートス」「ブーケシェア」「プレゼント・トス」などの言葉が挙げられます。

ブーケ・トスの対義語

「ブーケ・トス」の対義語には、「ブロッコリートス」などの言葉が挙げられます。

ブーケ・トスまとめ

「ブーケ・トス」は結婚披露宴の大事な演出の一つで、花嫁がウェディングブーケを投げて受け取った未婚女性が次に結婚をするとされています。ですから年頃の女性にとっては受け取るのがステータスのような面もあり、また花嫁からすると「あなたも幸せになって」というメッセージになります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事