契約成立させるブローカー

ブローカー(broker、仲立人、仲介人)

「ブローカー」は、人によって印象が違う言葉の代表ではないでしょうか? 多くの人は土地売買や不動産を想像しますが、投資をしていると取引の仲介する業者だと思いますよね。他にも、外国人労働者の問題でも「ブローカー」をニュースや新聞で度々見聞きします。この様に、多くの話題に登場する「ブローカー」ですが、実は意味はどれも同じような「仲介人」になります。では、詳しい解説を始めさせて頂きます。

ブローカーの意味とは

「ブローカー」の意味は以下の通りとなります。
 (1)売買の仲介する人。仲買を職業とする人。
 (2)取引相手の要求に応じる仕事で、手数料を取る生業。
 (3)商品・為替・約束手形・保険など各業界に存在する業務。
 (4)株式や債券などの売買取引を仲介する金融機関。銀行間の為替取引の仲介業者。
以上の様に、「ブローカー」という言葉は様々な仕事や場面で使われる言葉です。日本語訳では「仲立人」(なかだちにん)となり、買い手と売り手の間に入り、商品や土地や株式などの取引き成立の為に、斡旋や助言などをする者となります。最近はネットなどで転売をする人も増えていますが、この様な人達は「転売屋」や「ディーラー」と呼び、「ブローカー」とは違います。端的に言うと、「ブローカー」は”仲介業”となり、お馴染なのは不動産仲介業です。物件の売主には査定や売買価格を提案、買主には物件紹介などをして、成約時には仲介手数料を取ります。

ブローカーの由来

株式や証券用語の「ブローカー」が起源とされ、古来英語サクソン語の失敗を意味する「broc」を由来とする説と、まとまった注文を小口注文にする事で扱いやすくしたという説があります。どちらの説も正しいとされ、この二通りが現在でもまかり通っています。「ブローカー」が初めて誕生したのは15世紀のイタリアで、それが17世紀に入りオランダやイギリスの東インド会社で株式売買で活躍しました。しかし、これらの仕事までを「ブローカー」扱いするのに意義を唱える者も多く、現在にも通用する意味での投資の「ブローカー」や「ディーラー」が誕生したのは、1810年代のイギリスが世界初とされています。

ブローカーの文章・例文

例文1.彼女の父親が土地ブローカーで、地元ではちょっとした有名人だ。
例文2.ブローカーには様々な種類があり、最近は外国人労働者への斡旋を目的としたブローカーの摘発も問題になっている。
例文3.最近は、不動産ブローカーだけでなく仮想通貨ブローカーも誕生している。
例文4.ブローカーには憧れを抱くものだが、他の仕事よりもリスクも大きく稼げるのは極一部とされている。
例文5.投資ブローカーに憧れて、金融工学を学べる大学に進学した。

「ブローカー」を使った職業解説的な例文となります。

ブローカーの会話例

  • 質問者アイコン

    ブローカーって仕事は、調べるほど奥深く沢山の職業があるんだね。

  • 回答者アイコン

    そうだよね。そう言えば、今度海外旅行に行くでしょう! 向こうで案内してくれる人もブローカーって呼んだりしない?

  • 質問者アイコン

    そう言えばそうだね。株や土地以外でも、何でもブローカーだらけで混乱するよね。

  • 回答者アイコン

    人と人、取引きなどを仲介するのは全部ブローカーと呼べる気がするね。

様々な職業で「ブローカー」が使われる状況についての会話内容です。

ブローカーの類義語

「ブローカー」の類義語には、「ディーラー」「エージェント」などの言葉が挙げられます。

ブローカーまとめ

「ブローカー」とは、売買の仲介をする人で、日本語では”仲介人”や”仲立人”となります。土地や不動産ブローカーが有名ですが、それ以外にも商品や株、為替、保険などでも「ブローカー」と呼ばれる仲介業が活躍をしています。外国人労働者への悪質ブローカーなども社会問題となる一方、大半のブローカーが仕事をこなす事で社会が円滑に進んでいる側面があります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事