ブレイクした

ブレイク(Break)

世の中には、英語・漢字問わず同じ読み方でも複数の意味がある言葉が存在しています。発音は同じなのに意味が違ってくるってなんとなく不思議ですよね。そして、言った後にわざわざ解説しなければならなかったりします。そこで、そんなひとつの読み方で複数の意味を持ってる「ブレイク」という言葉について解説していきたいと思います。

ブレイクの意味

ブレイクという言葉には複数の意味があります。(ブレークとも表記します。)
1.破る
2.仕事などにおける息抜き
3.芸能人や歌手が人気が出てきた状態
一見、これらの言葉の意味はバラバラに見えますが、実はつながりがあります。2の休憩をするという意味の使い方であれば、「仕事における緊張状態を”破る”」、3の人気が出てきた状態であれば「無名の状態を”破る”」という解釈ができます。すなわち、複数の使い方ができるけれど、実は1の「破る」という意味に帰結するのです。

ブレイクの由来

上述している内容ですが、ブレイク(Break)は英単語の「破る」という意味から来ています。

ブレイクの文章・例文

例文1.長い間売れなかった芸人が大ブレイクした
例文2.座りっぱなしの仕事で疲れたからブレイクタイムにしよう
例文3.あの歌手がブレイクできたのは、路上ライブなどの下積みの経験があったからだ
例文4.少しブレイクしてコーヒーでも飲もう
例文5.私がブレイクできたのは一緒に頑張ってくれたマネージャーのおかげです
破るという意味はありますが、日本では芸能人が売れる(もしくは売れた)際に使われることが多い言葉ですね。

ブレイクの会話例

  • 質問者アイコン

    僕がここまでブレイクすることができたのは、一緒に頑張ってくれたあなたのおかげです。

  • 回答者アイコン

    マネージャーとして当たり前のことをしただけよ。
    あなたの努力のおかげよ。

  • 質問者アイコン

    そんなことはありません!色々助けてくれたお陰です!

  • 回答者アイコン

    これからも一緒に頑張りましょう。

このようなシーンはTVのドキュメンタリー番組でも見る機会があるのではないでしょうか。

ブレイクの類義語

ブレイクと同じような意味を持つ言葉としては、人気が出ることを意味する言葉であれば「流行する」「ブーム」、休憩するを意味する言葉であれば「ティー(コーヒー)タイム」「一息つく」といった言葉をあげることができます。

ブレイクまとめ

ひとつの読み方でいくつかの意味を持っている言葉というのは、実は案外当たらずとも遠からずな意味を持っていることが多いようです。興味を持ったら他の言葉も調べてみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事