ブルーインパルス(Blue Impulse)

「ブルーインパルス」とは「航空自衛隊のアクロバット飛行チームの愛称」です。日頃は忙しくて大空を見る余裕がない都会の人々も、「ブルーインパルス」が上空を飛行すると知るやどんなに暑くても皆が熱心に注目をして眺めているのですから、それだけ影響力抜群で重大な関心事なのでしょう。大空を華麗に舞う航空機の姿からかつての夢や感動などを思い出し、見上げている間だけは童心に戻っているのです。そんな人々に希望を与える存在「ブルーインパルス」の解説となります。

[adstext]
[ads]

ブルーインパルスの意味とは

「ブルーインパルス」の意味は以下の通りとなります。
(1)自衛隊の航空部門である航空自衛隊に所属するアクロバット飛行チームの愛称。
(2)航空自衛隊のアクロバットチームで、自衛隊航空祭や東京五輪や大阪万博などの際に曲技飛行をして観集にイベント開催のアピールする役目を担っている。
”ブルー(Blue)”は「青」「憂鬱」、”インパルス(Impulse)”は「衝撃電流」「力積」「衝動」「衝撃」で、直訳すると「青い衝撃」が「ブルーインパルス」です。一般的にはアクロバット飛行をする自衛隊の飛行チームという認識で、東京五輪などの国を挙げた最重要イベントに華を添える役割として、会場周辺の上空でエンジン排気を色付けしたカラースモークの青・黒・赤・黄・緑色で鮮やかな五輪の輪などを描きます。厳密には今回の東京五輪(2021年)では強風の影響もあり五輪の輪は失敗しましたが、1963年の東京五輪では見事に成功しています。因みに「ブルーインパルス」は正式には、宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」で、全国の自衛隊飛行機部隊の中から選抜されたエリートのみで結成されている日本最高峰の飛行スキルを持ち合わせた集団です。一般人でも自衛隊が好きなマニアは多いですが、その中でも「ブルーインパルス」は特別であり、アクロバット飛行を披露する際にはカメラを持ったファンが大勢駆けつけ、また関連するグッズは完売され高値で取引されています。因みに自衛隊には他にも「シルバーインパルス」「ノーザン・レディバード」「ブルーホーネット」など、自衛隊基地や航空機別によっていくつものアクロバット飛行チームが存在します。

ブルーインパルスの由来

「ブルーインパルス」という愛称が正式に決定したのは1960年です。その前は航空自衛隊のアクロバット飛行チームとしてコールサインでは「チェッカー・ブルー」「インパルス・ブルー」など、部隊名は「空中機動研究班」「特別飛行研究班」と呼ばれていて、愛称として「天竜」が一時的に採用されましたが、アメリカ軍側から発音難しいと不満が噴出し、「原爆の青い閃光の衝撃」から「ブルーインパルス」が採用され現在に至ります。因みにアクロバット飛行の歴史としては、1916年に旧海軍の横須賀海軍航空隊が日本初で曲芸飛行がサーカスのようだと「空中サーカス」と呼ばれ、その後「源田サーカス」という愛称が暫くの間定着していました。

ブルーインパルスの文章・例文

例文1.ブルーインパルスが大空を舞う姿を一目見ようと、東京の銀座や国立競技場周辺などには大勢の人だかりができた。
例文2.飛行機好きの息子が将来、ブルーインパルスを操縦するようになれば父親としても鼻高々でこんなに嬉しい自慢もない。
例文3.コロナ禍でも奮闘する医療従事者を励まそうと、ブルーインパルスが都心の空を舞ってアクロバット飛行を披露した。
例文4.ブルーインパルスの発足60周年記念の関連グッズは大変人気で現在は完売が相次いでいる。
例文5.アクロバット飛行は傍目から観ている分には良いが、地元住民からしたら迷惑に思う人々もいるようで、特に住宅地上空で訓練飛行をされるのは困るとブルーインパルスを告発する動きもある。
アクロバット飛行隊「ブルーインパルス」についての例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ブルーインパルスの会話例

  • 質問者アイコン

    ブルーインパルスの飛行見た?

  • 回答者アイコン

    見たよー。やっぱり凄いね。一気に五輪ムードが高まったよ。

  • 質問者アイコン

    でも、コロナ禍で散々密になるなって言っといて、いくら恒例とはいえアクロバット飛行をしたら、大勢の人々が集まるとは思わないのかね。偉い人達は?

  • 回答者アイコン

    そういう水を差すような事ばかり言わないの。

五輪開催で「ブルーインパルス」の展示飛行について男女が会話をしています。

ブルーインパルスの類義語

「ブルーインパルス」の類義語には、「曲技飛行隊」「アクロバットチーム」「デモチーム」「シルバーインパルス」などの言葉が挙げられます。

ブルーインパルスまとめ

「ブルーインパルス」は五輪など国を挙げての大イベントで大空にカラースモークを彩り華を添えて、また航空自衛隊の存在を国民にアピールする役割も担うアクロバット飛行チームです。迫力ある「ブルーインパルス」の飛行を眺める地上の人々は感動や興奮を覚え、もはやイベントそのものよりも楽しみにしている人が多いほど重要な存在となっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事