インターネットでオンラインブッキングする

ブッキング(booking)

予約することを最近では、ブッキングということがあります。ブッキングには、予約する以外にも記入する、契約するなどといった意味もあります。また、航空会社などでは、予約することをよくブッキングと言っていることがあります。ブッキングは広い意味で日本でも使われるようになってきているのです。
今回はそんなブッキングについて使い方など紹介していきたいと思います。

ブッキングの意味とは

ブッキングは、予約するという意味です。最近は特に広く認知されてきています。
また芸能界などでは、「番組にブッキングする」というような言い方で使われており、キャスティングに近い意味合いもあうようです。

ブッキングの由来

ブッキングは、英語の(booking)がそのまま使われています。

ブッキングの文章・例文

例文1.明日は、知人と食事に行く予定だったが、ダブルブッキングしていたことに気づき、片方の予定をキャンセルした
例文2.今年の夏休みは海外旅行に行く予定なので行きの飛行機をブッキングする
例文3.企画の出演者を仲介業者の方にブッキングしていただく
例文4.ブッキングに必要な個人情報をフォームから入力する
例文5.レストランをブッキングしておいたので到着する頃には、入店できるだろう
ブッキングは日常会話でも非常に多くの場面で使うことができます。使い方を覚えておいて絶対に損はないでしょう。

ブッキングの会話例

  • 質問者アイコン

    今日の夕食はどこのレストランに行くか決まったかい?

  • 回答者アイコン

    うん!いつも気になっていたイタリアンレストランが駅の近くにあるの。

  • 質問者アイコン

    あのレストランか!あそこはいつも並んでいるからね。着く頃には入店できるようブッキングしておくよ

  • 回答者アイコン

    それは助かるわ。外で何分も並ぶのは疲れるもの

ブッキングは、幅広い場面で使うことができるので色々な場面での使い方を知っておけばきっと役に立つでしょう。使い方を多く知っていれば、瞬時に会話の内容を理解できます。ですが、知らなければわざわざ意味を聞くことになってしまうので是非覚えておいてください。

ブッキングの関連語

ブッキングの関連語としては「ベネフィット」「リザーブ」などがあげられます。

ブッキングまとめ

今日多くの英語がそのまま日本語として使われることが多くなってきました。観光地や空港などでは、英語表記も多いため、知らず知らずのうちに英語を使う機会も増えたと思います。ブッキングは、よく使う言葉なので是非覚えておきましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事