フィードバック

フィードバックという言葉は業界を問わずにビジネスの世界では当たり前に使われていて、耳にした事がある方も多いのではないでしょうか。いわゆるカタカナ英語と呼ばれる言葉の中でも浸透率は高いものと言えるでしょう。

フィードバックの意味とは

フィードバックの英語の表記は「feedback」になります。日本語訳をすると「帰還」となります。feedは英語で食べ物を与える事、backは戻る、戻すという意味になります。ただ元々は電子分野の電気回路や自動制御で応用されている出力された情報の一部を入力側にもどして、主力を調整や改善をする事を指します。行動や結果を主体的に人や組織に共有したり、周知をして改善につなげる一歩とする事をビジネスシーンではフィードバックと呼んでいます。

フィードバックの由来

今回ビジネスで使われているフィードバックは、元々の意味とは少し異なり、行動によって得た評価や結果を会社や人に伝え返していく事を言います。「feedback」をfeedとbackに分離させて意味を解釈したと捉えた方がいいかもしれませんね。

フィードバックの文章・例文

フィードバックの実際のビジネスシーンでの使われ方を確認しましょう。
例文1.会議で決まった事案をフィードバックして欲しい
例文2.サービスの利用感想をフィードバックしてもらいたい
例文3.フィードバックの蓄積が会社の財産となる
例文4.お客様のフィードバックを次の改善に繋げます
例文5.一日の反省を自分自身にフィードバックして成長を促す
ビジネスシーンにおいてはフィードバックとは、行動や結果を評価して、その行動や結果を出した人に伝え反映させる事が大事です。上司や部下、企業やお客様などの関係性の中で調整改善を行い、より良い組織作り、生産性の向上、サービスの質の向上などが進む事を目的としています。

フィードバック類義語

フィードバックの類義語は、「リアクション」「反動」「反作用」が挙げられるでしょう。フィードバックが主体的な行動であるのに対して、これらはあくまで受け身の受動型のアクションとなります。

フィードバックのまとめ

フィードバックの質もビジネスシーンでは非常に求められる要素になっています。フィードバックがサービス改善、組織改善に足がかりになる事が多いためです。ビジネスパーソンとしては言葉を覚えておく事はもちろん、フィードバックの質にまで気を配りたいところです。

この記事を読んでいる人に人気の記事