フィンテック

近年一気に聞くようになった言葉がフィンテックです。これから決済や情報サービスが大きく変わる可能性を秘めている技術であり、今最も注目を浴びている領域であり、多くのエンジニアが革新的なサービスの提供を目指しています。

フィンテックの意味とは

フィンテックの意味は表記は「FinTech」となりますが、金融(Finance)と技術(Technology)を合わせた造語となっています。日本語の意味をとすると金融テクノロジーや金融ITという意味で捉えます。主要なサービスとしては決済サービスとして「LINE Pay」や「楽天ペイ」、貯蓄や家計簿のサービスとして「freee」、仮想通貨の領域では「bitFlyer」などがあげられます。フィンテックという言葉自体は日本では日経新聞が2014年に初めて使ったのがスタートであると言われています。

フィンテックの由来

フィンテックの由来はインターネットの定着に伴い、スマートフォンが爆発的に世界中に普及した事でモバイルによる決済のニーズが高まった事や、金融サービスの効率化と簡易化を図る技術として、フィンテックは考えれています。

フィンテックの文章・例文

例文1.フィンテックによるサービス革命は目覚ましいものがある
例文2.仮想通貨のサービスはフィンテックの代表例である
例文3.IT業界ではフィンテック対応のエンジニアを求めている
例文4.技術領域が広くフィンテックの未来は明るい
例文5.フィンテックは金融業界の構造を変える可能性を秘めている
フィンテックはアメリカのシリコンバレーを中心とした技術者達が新しいが使い始めて、日本に流れて来たと言われています。昔からアメリカで流行になっている技術やサービスが3年後に日本で流行るのがIT業界の常。フィンテックも日本企業は後発ながら積極に取り組んでいます。

フィンテックの類義語

フィンテックの直接の類義語はないようですが、フィンテックの様に言葉と言葉を繋ぎ合わせる言葉としては、「マーテク」「アドテク」があります。それぞれマーケティング(Marketing)とアド(advertising)にテクノロジーをつけた言葉である。

フィンテックまとめ

フィンテックは既存の金融の概念やルールを変える様な可能性を持っています。日本でもメガバンク、大手証券会社などもフィンテックによって変革を求められる時代がすぐそこまで来ています。

この記事を読んでいる人に人気の記事