ファスティング

最近若い女性や経営者の中でもファスティングをする人が増えてきました。ファスティングをすることでダイエットだったり体質改善ができると話題になっています。最近では横綱白鵬関がファスティングをしたと話題になりました。

ファスティングの意味とは

ファスティングとは日本語で断食のことです。食事をある一定期間断つことで身体の自然治癒力を高めたり、身体に溜まった老廃物を出すことができます。昔はお寺などで水だけの断食をするのが主流でしたが、最近では専用のドリンクやスムージー、ハーブティーなどを取りながら断食をするやり方が流行っているようです。

ファスティングの由来

ファスティングの歴史は古く、原始時代からすでに行われていました。世界のあらゆる地域の宗教家や教育者、哲学者らが、修行や儀式、健康法の一環、そして、病気の治療としてファスティング(断食)を行っています。医学の父といわれるヒポクラテスも月に一度断食をすれば病気にならないと言っています。

ファスティングの文章・例文

例文1.今日から3日間ファスティングをする
例文2.半日ファスティングは簡単なファスティングだ
例文3.ファスティングをしてデトックスができた
例文4.ファスティングを習慣にしています
例文5.友人はファスティングをして3日で2キロ痩せた
ファスティングは正しい効果を得る為には、プロや知識のある人からティーチングを受けてやる方がいいでしょう。最近はファスティングを教える人も増えているので、調べてみるのもいいのではないでしょうか。

ファスティング類義語

ファスティングの類義語は「ラマダン」「クレンズ」等が挙げられます。ラマダンはイスラム教の断食であり、クレンズとは1日の食事を全てジュースにするものです。

ファスティングまとめ

ファスティングは昔からある民間医療と言える。多くの宗教でも断食の考え方があり、仏教ではブッタが悟りを開く際に、キリスト教では聖書にイエス・キリストが断食をしていたという記載がある。昔から行われてきたファスティングも今の飽食の時代では大切な健康法の一つと言えるでしょう。現代では徐々に科学的にも身体に良い事がわかってきているため、これから更に注目の健康法となりそうです。

この記事を読んでいる人に人気の記事